FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「雑記(釣り関連) 」カテゴリ記事一覧


バクリーダート廃盤!?


ども、SERNです。

とっても嫌な情報が入ってきました。

バクリーダートが廃盤になることが濃厚な様です… 

え、ちょ
まじですか…?

ここ数年の新堤の釣果の7割くらいバクリーなんですが…

おいおいおい死ぬわあいつ。

IMG_20151211_211936_convert_20151211212718.jpg続きを読む

2016年の振り返り

ども、2016年最後のSERNです。

早いもので今年ももう終わり。

最後に今年の振り返りでもして締めたいと思います。

1月~6月はすでに書いたので、7月~12月の釣果を振り返ります。

ほぼ自分用のまとめですが、よろしければお付き合いください。





7月

mod01.png

空き時間を見つけては近場のポイントへ出撃した7月。

なお、釣果

ちなみにこの沖堤1回は長浦。

二桁は確実なんて甘い言葉に釣られてこのザマ。





8月

mod02.png

新堤があまりにダメなので横沖にマゴチ狙い…の予定だった夏。

横沖でのマゴチは壊滅で、途中からシーバスに切り替えて1本。

近場にもちょこちょこと出撃しましたが、総じてダメ。

意を決して新堤へ。

奇跡的なほどタイミングが重なり、爆釣スタート。

8月半ば~9月半ばまでのひと月で100本ほどキャッチ。

20本超えも2回。

終止読み切れなかった新堤、来年もあの爆釣はあるのでしょうか…?





9月

mod3,01

前半は先月からの爆釣劇の残渣。

半ばを過ぎた辺りから明確に反応が無くなり始めました。

テクトロでも釣れ始め、秋のシーズンに期待したのですが…

あ、そう言えば風神Xの命日がこの月です。





10月

mod04.png

1年で最も新堤ランカーが取りやすい10月。

期待はあっさりと裏切られ、テクトロは今年も厳しい展開でランカーどころか70upすら出ず仕舞い…

終盤に1日だけ当たり日が有りましたが、その日以外は全体的にイマイチ。

途中からは湾奥に手を広げ、そこそこの釣果。

来年に繋がる事も多かった10月でした。





11月

mod05.png

新堤は完全に終了。

湾奥方面、鶴見川をメインにあちこち行きましたが、総じてスカ。

ただ、この月の頭に鶴見川で取った1本は今年のベストフィッシュ。

そして11月を終えてもなお、今年のランカーはゼロ☆





12月

mod06.png

寒さに無事に負けて釣行回数は見事に減少。

新堤はもはや魚の気配なし。

この1回の日は本当に釣れる気が一切しませんでした…

後半は野島に切り替えてランカーを2本と良い思いが出来ました。




そんなこんなで1~6月と合計すると、

合計

mod071.png


微妙微妙&微妙。

2016年の目標と照らし合わせると、
・275本 Clear(279本)
・except沖堤 Failure(43本)
・新堤AVG.5.00以上 Clear(6.41)


まずは川崎新堤

例年より釣行回数は減少しましたが、釣果はやや上昇。

もうここ数年目に見えてどんどん釣れなくなってきている新堤ですが…

それでも晩夏の爆釣等でやっぱり数は出ました。

AVG.の目標は楽にクリアしていますが、何の事は無く、釣れない時期にあまり行かなかっただけ。

来年はもうちょっと安定して釣れて欲しいなぁ…

ちなみにホゲは2回。


その他沖堤

内訳は横沖、野島、長浦。

アフターの時期に横沖でちょっと数が出ましたが、それくらい。

長浦はシーズンを微妙に外して2回行って、1本。

野島は12月に入ってから通いだしましたが、思いの外面白い。

来年は野島はもちろん、長浦等の千葉沖堤ももうちょい行ってみたいと思います。


沖堤以外デイゲーム

釣行29回で18本、1釣行平均0.62本、ひっでぇな。

東扇島、水江、大黒埠頭に本牧、あちこち行きましたが、総じてダメ。

唯一良かった、というかマシだったのは秋の湾奥くらい。

急募、デイゲームで安定して釣れる近場の釣り場。


ナイトゲーム

そんなに悪い印象も無かったんですが、数字にしてみるとやっぱり酷い。

近場では本当に釣れないので、来年はもう少し手を広げようかな…

あと、もう少しバチで釣りたいです。

来年の冬はアフターよりバチ中心にあれこれやろうかな…?




ランカー捕獲日

・12月18日 野島沖堤  80センチ

・12月24日 野島沖堤  82センチ


ランカー出なさ過ぎィ。





ではこの辺で、本年もこの進歩の無いブログにお付き合い頂きありがとうございます。

どうぞよい年をお迎えください。

来年もよろしくお願いします。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

来年の始動は3日位を予定。

ルアー重量 vol.1


明日やろうはバカヤロウ、というワケで毎日明後日から頑張るがモットーのSERNです。

今回は新シリーズ、ルアーの実際重量を調べようのコーナー。

まぁ、単発で終わるかもしれませんが…

とりあえず第一弾は重量詐欺に定評のあるコアマンルアーから。




PB-30

nButXfPpuv6zNQw1482907607_1482907630.jpg

oh…

これもうPB-40じゃねぇか…

でも確かこの表記はフックやブレードを除いた数字と聞いたことがある。

ブレードを計測してみると、約2グラム

スイベルやフックを除くと、おおよそ36グラムといった所。

PB-30(大嘘)




PB-24

LmkFYtsAh0jIzuU1482907555_1482907588.jpg

う、う~ん…

意外と正確で特に言う事も無いなぁ…

スイベルと後方フックを付けたら、おおよそ28グラムちょいくらい。

フック、ブレードなんかを全て外すと25グラム有る無し。

どういう基準な表記してるのかがワケ分からん…




PB-20


eRRHxq5DaQ4ESHz1482907395_1482907419.jpg

まさかの24グラムオーバー。

そりゃまぁキャスト時に絶対20グラムじゃ無いとは思っていましたが…

PB-20のがよっぽどPB-24という謎現象。

さぁ、IPの方はどの位サバを読んでるのか?




IP-26

ZKN15ESlWzdoxQe1482907684_1482907704.jpg

お、おふ、ここは割と正確なのね…

うん、まぁ特にコメントすることも無し。




IP-13

ZqbbqtK2h_FYCDm1482907434_1482907457.jpg

IP-18は手元に無かったので、IP-13。

ズタボロの上フック一つが無い状態ですが、えらい正確。

新品状態で大体15グラム弱ってトコですかね。

うん、IPは割と表記通りでした。




VJ-16

WoHlZ2IaWldZMjX1482907475_1482907494.jpg

もうね、なんでサバを読む必要があるのかと…

VJ-20で良いじゃん…

と思ったんですが、アルカリシャッドの重さを測ってみると約3グラム

フックの重さも引くと、16.5グラム程度。

でもやっぱりフックとワームを外して使う状況なんて無いんだから、やっぱりVJ-20で良い気が…




CZ-30

0Cx_VWJaQf2dAbS1482907719_1482907786.jpg

まぁ、岸ジギ用なら多少ズレててもセーフかなぁって。

そんなこんなでこの辺で、次回は気が向いたら。

さぁ釣り納め、やっぱり新堤に行こうか迷い中。




にほんブログ村

PB-30を30グラムと思って投げると、普通にロッドが危険。

上半期釣果まとめ


ども、SERNです。

そんなこんなでいつの間にか1年も半分が終わってしまいました(遅い)

ここいらでちょっと今年の釣果振り返り。

このブログを日頃から読んで頂いてる方にはお分かりかと思いますが、だいぶ酷いです

では。


1月

      釣行回数   釣果
川崎新堤:   2回    1本 
その他沖堤:   1回    7本
その他デイゲーム: 1回    0本
ナイトゲーム:   0回    ===

合計:     4回     8本



横沖で1回だけ良い思いをしましたが、新堤始め他はズタボロのゴミカス。

まぁ1月なんてこんなもの。


2月

      釣行回数   釣果
川崎新堤:   5回     30本 
その他沖堤:   1回     6本
その他デイゲーム: 4回    3本
ナイトゲーム:   4回     6本

合計:     14回    45本 



アフターの恩恵を受けてまずまずの月。

しかし新堤、釣れるのは回遊ばかりで基礎パターンが全く反応なし。

嫌な感じはしていましたが、これが見事に的中してしまいます…


3月

    釣行回数   釣果
川崎新堤: 5回   22本 
その他沖堤:  0回    ===本
その他デイゲーム: 1回    0本
ナイトゲーム:   1回     0本

合計:    7回   22本 



全体的に酷いな…

数型共に一番計算出来る3月でしたが、今年はこのザマ。

例年の定番である基礎パターンは全くと言っていい程通じず、終止掴み切れませんでした。

新堤はそのまま調子を落とし、暗黒期に…


4月

     釣行回数   釣果
川崎新堤:   0回      ===本 
その他沖堤:   2回     0本
その他デイゲーム: 0回      ===本
ナイトゲーム:    0回       ===本

合計:    2回   0本 



4月なんてものはなかった、いいね?


5月

      釣行回数     釣果
川崎新堤:   0回     ===本 
その他沖堤:    0回     ===本
その他デイゲーム: 0回      ===本
ナイトゲーム:    3回       10本

合計:      3回    10本 



色々と事情が重なり釣りに行けていませんでしたが、隅田川のバチで10本。

それだけ。



6月

       釣行回数    釣果
川崎新堤:   1回     4本 
その他沖堤:   0回     ===本
その他デイゲーム: 4回      3本
ナイトゲーム:    1回       0本

合計:      6回    7本 



釣行回数は若干の回復傾向ですが、釣果は真っ逆さまに。

絶不調の新堤はいまだに回復の見込みなし…


そんなこんなで合計すると、

合計

     釣行回数     釣果    AVG.
川崎新堤:   13回  57本   4.38
その他沖堤:   4回   13本  3.25
デイゲーム:  10回   6本  0.60
ナイトゲーム:  9回  16本  1.78

合計:    36回   92本  2.56




思ったより酷ぇ

新堤のアベレージも目標の5本に全く届いてないですし、沖堤外デイゲームに至っては1を切る始末…

というか半年経過して3桁にも届いてないのか…

何をもって275本とか言う目標を立ててたのか。

秋の巻き返しに期待したい所ですが、前年のように数も行けないですし…

何より前年の様に新堤初秋の爆釣劇が有るとも限りません。

ハッキリ言って好転要素も薄いですが、頑張っていきたいと思います。

今秋は湾奥の方をもっと開拓してみようかな?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

現在4連続ホゲ中☆

エクスセンスLB SS インプレ

ども、信じていたら足元を掬われたSERNです。

今回は珍しくインプレシリーズ。

読み直すと、我ながら稚拙で恥ずかしくなるので、書くのは避けていたのですが、やっぱりインプレって閲覧数が伸びるらしいので…




そんなわけでインプレするのはコチラ、
SHIMANO EXSENCE LB SS

20160623_110420.jpg


自重:275グラム
定価:4万円(実売価格は2万5千円程度) 



10エクスセンスLB の廉価版として2011年から販売されています。

現在自分がメインで使用している13エクスセンスLBの予備機として使っているリールです。

まずはリールインプレ定番の巻き心地ですが、これは悪くない。

もちろん上位機種に比べれば遥かに劣りますが、同価格帯のリールに比べれば決して劣らない。

ただ、ハイギア&ショートハンドルの影響でちょっと巻き始めの重さを感じますが、まぁ許容範囲。

あとレバーリールですが、地味にドラグ性能も良いですね。

一つ大きな問題を挙げるとすれば、やはり275グラムという自重。

エクスファイアLBとか程ではありませんが、C3000クラスでは非常に重い部類です。

ロングロッドで鉄板投げてる時は別に気になりませんが、ワーミングやミノーでの細かい釣りには使い辛い。

ロッドとのバランスが悪くなるというのも有りますが、なにより疲れます…

あとはLBリール特有のローターの遊びと言いますか、ハンドルがわずかに逆側に動く現象。

これが個人的には結構やっかいで、リフト&フォールや連続でダートを入れるような釣りではカチカチと少しうるさく感じます。



<総評>


結構マインスポイントが目立つように感じますが、あくまで13エクスセンスLBと比べればの話し。

価格を考えれば非常に良い物かと思います。

沖堤等の水深の有るオープンエリアでのブレード、鉄板での釣りにはオススメ出来ます。

が、同じ沖堤でもワームやミノーを使う釣りではあまりオススメは出来ません。

あとは河川などのエリア、正直使うメリットは少なく、自重などのデメリットが上回ると思います。

ざっくり言うと「LBリールを使ってみたいけど、いきなり上位モデルも…」という方には良いかと思います。

ちなみにちょいちょい登場している13エクスセンスLBですが、コチラは現在型落ち。

前述したローターの遊びを強引に解消したところ、そこに不具合が頻発したからだとの噂です。

どうにか不具合を完璧に解決したLB新製品が待ち望まれます…

こんなところですかね、そもそもLBリールが必要なのかについてはまた別の機会に…





にほんブログ村

役に立ったという方は拍手してもらえると、嬉しくて3メートルくらい飛び跳ねます。

次期ライフジャケット選定

ども、神奈川の折れたナイフことSERNです。

今でこそ大人しいですが、自分もこう見えて若いころはやんちゃしたものです。

警察のお世話になったことも何度かありましたね。
主に原付の速度違反とか路駐とか

というわけで今回は老朽化が進んでいるライフジャケットの更新について。

あ、ちなみに上記のはもちろん冗談ですよぉ。

友達が居ないのと成績がイマイチなのと遅刻が多いのを除けば模範的な優等生でした。

まぁそれはさて置き、今使用しているライフジャケットがPazdesign の「アルティメットV-1」。

すでに型落ちしているモデルです。

3年間酷使したことも有り、肩紐は切れそうだし、全体的にズタボロ。

命にも関わるものですし、いい加減買い換えたい所。

最近の新堤では腰巻きのタイプの物が流行の様ですが、個人的にはベストタイプの物が好きなので、今回もベストタイプで探していきます。

要求項目は
・ある程度の機能性
・迷彩系、あるいはブラウン系
・メーカーのロゴがデカデカと目立たないもの
・アホみたいに重くない

とまぁ、そんなに機能面でこだわる訳ではないので、デザイン重視で選んでいきます。




無難に行くなら次もパズデザインの別のモデル。

何となく気に入ったのがコチラ。

Pazdesign : WADEING GAME VEST V 

item_img637_m_t.jpg


重量:1.2kg
希望小売価格:¥19,500



まぁ良くも悪くも無難。

値段もほどほどですし、グリーンカモの迷彩も悪くない。

メーカーロゴもワンポイントで良い感じなんですが、何と言うかもう一つ惹かれるものが無い。

そして何よりズボンの迷彩(ACU)と絶望的に合わない。

というわけで次。




COREMAN×Pazdesign : スーパーライト

1b34c6ed0e96716f7a0fbcd58b655610-300x201.jpg

今夏発売予定とのことのコアマンとパズのコラボベスト。

軽さが売りらしい。

ん~、デザインはかなり好みなんですが、収納スペースがちと少ない。

特にワームをやる際は小さいケースを複数持ち歩くので、ちょっと不便そう。

これも保留。




あれこれと探してみて見つけたのがコチラ。

SUBROC : V-one VEST


v-one_vest_brown_khaki_1.jpg

あ、うん、これだわ。

探してたデザインにドンピシャ。

それもそのはずで、タクティカルベスト風に作られているとのコト。

もう1発でこれに決定。

さて、お値段は…?


(((PRICE : ¥35,640(税込))))


おっふ、結構するなぁ…

ん~、でもやっぱりこれ以外は考えられない。

今夏…遅くとも今秋までには購入予定。




にほんブログ村

でもNWU迷彩に黒ベストも悪くない気が…

釣り×銃器(DRESS)


ども、相変わらず釣りに行ける日々が遠いSERNです。

今回はちょっとリールスタンドについて。

まぁ、正直リールスタンドにそこまで性能の差が有るとも思えないので、今回は気になっているデザインについて。

以前から思っていたんですが、
DRESSって絶対内部にミリオタが居ますよね?
※ミリオタ(軍事関係のオタクの事)

いやまぁアイマ辺りも怪しいですが。

んで、今回はDRESSの「ケミスタンドハイダー 」、これについて。


キャプチャ


ハイダー、詳しい説明は省きますが、ライフルの先端部分の名称です


ytfuibol.png


それをモチーフにしたリールスタンドです。

ミリタリー好きとしてこれは買いかと思ったんですが、これがリールに付けた時の写真。

gjpaoojg@a.png

う、う~ん… 

なんと言うか、銃口っぽさがまるで無く、ちょっと変わったデザインにしか見えない…

迷っていましたが、なんやかんやで買ってみることに。

カラーの一覧を見てみるとコチラ。

u4dt4fazey4dkdh4pukh_480_360-b65ea8c1.jpg


は?

へ、いやいや。

違うよ、違うよ、銃器のブラックって言ったら艶消しの黒でしょぉぉ

さすがにタンカラーは無いと思っていましたが、黒すら無いとは…

というワケでこれは無し。

もう一つ気になっているのが、コチラ。

同じくDRESSの「ケミスタンドバルカン

2015-11-17-01_00_36.jpg

おお、これは悪くない。

こちらはM61バルカンをモチーフにしたリールスタンドです。

分かりやすく言うと、現代の戦闘機なんかに付いてる機銃です。

どっちかと言うと、GAU-17/Aに見えたので、
てっきりバルカン砲とガトリング砲を取り違えてるお決まりパターンかと思っていましたが、
説明文を読むとそういうわけでも無さそう。

相変わらずこちらも艶消しのブラックが無いわけなんですが、こちらは平面が少ないせいか、そこまでコレじゃない感が無い。

値段は7000円と、リールスタンドの中では割高ですが、こちらはそのうち購入予定です。

ではこの辺で、最近は夢の中でもホゲ出しました。





にほんブログ村

DRESSさん、次辺りにタクティカルベスト風のライジャケを出してくれても良いのよ。

上位検索ワードに勝手に返信するコーナー


ども、SERNです。

そんなわけで相変わらず全く釣りに行けていません…

もう精神的に限界寸前なんですが、まだ当分行けない日々が続きそうです。

そして釣りに行けないと、本当にブログの更新が滞ってしまいます

本来はこういう釣りに行けない期間と言うのは、コメントにまとめて返信とか考えていたわけなんですが…

まとめてする程、コメントがつかねぇ!!

そんなわけで、皆さんの疑問に勝手にお答え、5月の検索キーワード上位に勝手に答えます。

1位はブログ名なので除外して…

うん結構検索して頂けているのはありがたいんですが、このブログ名は
「つりらぼ」じゃなくて「つりらぼ(!)」です。

!が抜けてる場合は減点の対象になるのでお気を付けください。

んで、2位「ふれーゆ 釣り イカ」 

恐らく、というか間違いなくふれーゆ裏のシリヤケの情報を探しての検索だと思います。

エギング以外の釣り方についてはわからないので、エギングでの釣り方について。

と思ったんですが…

一昨年にこんなん書いてたんですね、「ふれーゆ コウイカ釣り講座」

なので、基本的な事はこちらを読んで頂ければわかるかと思います。

いくつか補足するならば、下地の色について触れて無いのでそれについて。

正直下地の色は何色でも釣れる時は釣れます。

しかし、日によって結構差が出たりもしますので、何色か持ってくのをオススメします。

・マーブル
・金色
・赤色

この辺が自分の使う鉄板下地カラーです。

特にコウイカでは妙に赤に反応が良い日が有るので、一つは持って行きましょう。

あとは雨の後は一時的にシブくなるので、雨後は避けましょう。

今年の最盛期は過ぎてしまった感が有りますが、5月いっぱいまでなら可能性が有ります。

…もうシリヤケでも良いから釣りに行きたいです…





続いて、3位「ランディングシャフト オススメ」

そのまんまですね。

これも一応、「ランディングシャフトあれこれ」なんてのを書いてたりします。

補足…

あれです、ランディングシャフトってそんなに何本も使わないですし、色々書けないんです。

とりあえず自分が使った中では、DAIKO>>>>ダイワ>>まともに使える壁>>ホルダーアームでした。






第4位「福浦岸壁 エギング」 


え、福浦って春イカ釣れるの? 










やっと登場、第5位「川崎新堤防 シーバス」

一応このブログのメインなんですが、もう一月半くらい行けてないですね…

最近の情報を簡単にまとめると
・かなりシブい日が多い、ちょっと酷い状態
・岸ジギでたまに3本くらい出る日が有るが、キャストは壊滅的
・その岸ジギですらもホゲるのは当たり前

こんな感じみたいですね。

去年より酷いな…

自分で行ったわけではないので、これが完璧に正しいとも言い切れませんが…


思ったよりも長くなったので、一度ここで切ります。

では今回はこの辺で、今後続くのか不明ですが上位検索ワードに勝手に返信するコーナーでした。





にほんブログ村

つ り に 行きたぁい。

今後の服装考察{釣り}

ども、週末はいつものBarでマティーニ片手にタバコを吸っている(妄想をしながらビール片手に野球中継を見てる)SERNです。

皆さんは釣り、特にルアーシーバスの際に服装に気を遣っていますか?

こちらから魚が見えているのと同じく、魚からもこちらが見えています。

一歩後ろからキャストする、つまりあまり前に立たないというのは昨今では常識の様に言われています。

しかし、服装に関してはイマイチ注意が行き届いていないと感じます。

今は皆さん、思いの思いの服装でやられています。

が、今後魚のスレがドンドン進むにつれて、服装も重要なファクターになってくると確信しています。

オレンジや白など目立つ色は論外。

これからの時代は迷彩服です。

一口に迷彩と言っても様々な種類が有るんですが、沖堤でオススメするのはコチラの色。

nonmhops.png

都市迷彩と呼ばれる色の一種ですが、これが堤防に非常に溶け込みます。

が、皆がこれを着ていれば、とうぜんこの色にもスレて来ます。

最終的には釣り人は全員ギリ―スーツ着用になるでしょう。

ghillie-001mc-001.jpg



間違いない

そんなこんなで釣りに行けなさ過ぎて壊れ始めてるSERNでした。





にほんブログ村

つーりーにーいきーたーいー

湾ベイトのアシストフック

先日、電車の座席に座っていたら、両隣にいかにもリア充な大学生に挟まれました。

オセロの理論で自分もリア充に…

と思ってたら、左のリア充の前にもう一人リア充っぽい出で立ちの野郎が。

囲碁の理論でいくとシチョウの形で自分は死んでます。

やっぱりリア充って怖い、SERNです。

のっけから何を言ってるんでしょうね。

そんなわけで、今回は湾ベイトのアシストフックの付け方について。

DSC_1862_convert_20160126211352.jpg

後ろについてるダブルフックのことです。

簡単かつ、バラシも軽減出来るのでオススメです。

あと、湾ベイト専用みたいな書き方してますが、ほぼ全てのブレード系ルアーに応用可能です。

用意するもの。

DSC_1855_convert_20160126211306.jpg
・ブレード系のルアー
・SD36ー#8(湾ベイトの場合)
・熱収縮チューブ
・ライター

これだけです。

熱収縮チューブのサイズを忘れましたが、その辺は感覚で…

まぁ、多少の誤差は大丈夫なので。

まずはブレード部分を外して、そこに熱収縮チューブを小さく切ったものを被せます。

アイの頭がちょっと出るくらいのサイズに熱収縮チューブをカットしましょう。

DSC_1860_convert_20160126211323.jpg

チューブを着けた状態でダブルフックとブレードをアイに着けます。

DSC_1861_convert_20160126211339.jpg

これをライターで炙って、熱収縮チューブをしっかり固定させたら完成。

湾ベイトの29グラムの場合、ついでにメインのフックをST-31の#6に変更するのがオススメです。

作業時間わずか1分ちょっとで出来るので、知らなかったというぜひお試しください。

他のブレードでも大体この方法で出来ます。

他にネタも思いつかないので、今回はこの辺で。

東京マグニチュード8,0を見て、引く位泣いて泣き腫らした目で。






にほんブログ村

明日にでも今年初めてのバチ釣査に行ってきます。

GJR-2購入 その他もろもろ


ども、SERNです。

長らく空席になっていた岸ジギロッドですが、よーやく購入しました。

abu SBFC-782LT-KR

20140202091432bora02_convert_20151122125717.jpg

本当はこのシリーズの74MLが欲しかったのですが、どこにも置いてない。

まぁ大して変わらないのでこっちで妥協。

インプレはもう少し使い込んでから、岸ジギvol3として書きたいと思います。

ちなみにこのロッドを買った少し後に、別の釣り具屋で3分の2の価格で売られてるのを発見したというオマケ付き。

んで、最近購入したロッドの二つ目。

abu SBS-672M-KR

20091018gs163308c7a_convert_20160106205330.jpg

またまたアブガルシアです。

アブのソルティステージって、メインじゃない釣り用にちょうどいいんですよね。

ダイワの同価格帯のやつと迷いましたが、ダイワのやつが全然置いてなかったので、こちらに決定。

こっちに関しては簡単にインプレ。

ボートやってみたいけど、ジャンル毎にロッド揃えるのはなぁ…って方にオススメです。

これ1本でスト打ちからランカー便までとりあえずはこなせます。

自分がランカー便に使ってみた感想としては、やっぱり若干のパワー不足。

と言っても取れないという事は全く無く、普通に使えます。

ただ、ランカー便だけに使いたい場合は7ftのミディアムくらいがちょうどいいと思います。

今年はボートも色々と挑戦してみたい所。







現在のタックルの故障者リスト
・モアザンAGS        トップガイド割れ
・ランディングシャフト     前回と全く同じ場所が破損
・ラテオ            ジョイント部分に異常
・エクスセンスLB       スプール破損



満身創痍過ぎる… 





にほんブログ村

まずはタックルをどうにかしないと…

去年のまとめ&今年の目標

盛大に遅れましたが
あけましておめでとうございます。

いやぁ…2015年ホントに終わったんですか…?

もう最近時間の流れが早いってレベルじゃないんですが。

というわけで今更ですが、去年の振り返り。

1~6月まではコチラでやっているので、7~12月までを振り返りたいと思います。



1~6月: 106本(except沖堤×17)

7月

釣果: 3本(except×3)(前年度14本)

まぁ、釣行回数が2回じゃ…

沖堤が酷過ぎたので、初めて旧江戸に行っての3本。

もうちょういと早くあっち側に逃げてれば良かったですね。


8月


釣果: 19本(except×3)(前年度38本)

今年はもう夏の沖堤、これが酷過ぎましたね…

釣行回数は跳ね上がったものの、相変わらず釣果は地を這っています。

んで、この月に行った木更津遠征。

釣果はなんかもう散々でしたが、これでナイトゲームのコツを掴んで、若干安定感が増し始めました。


9月


釣果: 80本(except×5)(前年度20本)

ワーム、スゴイ、トッテモ。


10月


釣果: 25本(except×8)(前年度25本)

去年と全くおんなじ本数。

何と言うか…、すごーく印象が薄いですね。

かろうじて覚えてるのは…、そういえばサワラが釣れました。


11月 


釣果: 20本(except×6)(前年度15本)

新堤は緩やかに下降線、多摩川河口のコノシロ着きランカーをメインに狙った月。

まぁ、ランカーなんて都市伝説は1本も出ず。

ナナハチまでは出ましたが、今年は全体的にサイズが酷過ぎぃ…

そういえば、250本突破もこの月ですね。


12月


釣果: 6本(except×1)(前年度14本)

サイズが出てくれた去年とは対照的な酷い月…

残り6本に迫っていた沖堤以外の魚をメインに狙いますが…

ホゲホゲ&ホゲ、ついでにホゲて、おまけにホゲる。




というわけで、合計すると。

釣果: 259本 (except沖堤×45本) 

渡船回数: 46回

沖堤釣果率は1回につき平均4,65本。



はい、そんなわけで目標に届かず、罰ゲームの四国八十八ヵ所巡礼が無事に決まりました。

え…、マジで行くのかこれ…

今年の3月頃になるかと思いますが、皆さんの爆釣を願って回ってきます。




とまぁ、そんな感じでダメなブログですが、今年もよろしくお願いします。

最後に今年の目標。

まずは総本数、これは275本を目指したいと思います。

300と行きたい所でしたが、今年は色々と不透明な部分も有るので…

んで、サブ目標はもちろんexcept沖堤×50本 これにリベンジしたいと思います。

罰ゲームは…う~ん、去年と同じと言うのも面白みがないですし。

良いのも思いつかないので、とりあえず保留でお願いします。

ちなみに良いのが有りましたら、コメントにて大歓迎です。






にほんブログ村

更新の間が空いてすいません。

XGJR-2 選定


ども、SERNです。

今年の8月に折った岸ジギロッド、そろそろ復活させようと思います。

んで、せっかくなので違うロッドを試してみたい。

そういうわけで、キャスティング行って色々と見てきました。

今回の要求はこの二つ。
・今流行のペニャペニャ系ロッド
・2万円以内

この条件に合うのロッドを探してみたいと思います。

まずはコチラ。

アピア Foojin’R Wall Magic B70ML

250px-F-14B_VF-103_OIF_2004_-DF-SD-07-05564_convert_20151122124739.jpg

うん…、岸ジギ用なので予想はしてましたが、ガチガチ。

以前使ってたアブのよりも硬ぇな。

値段も2万を普通に越えているので、これは無しかな。

続いて見たのは、バスロッド。

7ft前後で柔らか目のを触ってみましたが、今一つシックリ来ない。

んで、ちょいと目に付いたのがこれ。

20140202091432bora02_convert_20151122125717.jpg

abu SBFC-742MLS-KR

自分が以前使ってたのはこのシリーズの岸ジギモデル。

今回はそれのベイトフィネス用シリーズのロッド。

ベイトフィネス…、ベイトフィネスってなに…?

フィットネス?痩せちゃうの?

そんな疑問はさて置き、触った感じも中々良い感じ。

ソリッドティップでバットはそこそこしっかり。

正直言うと、もうちょい硬めでも良かったんですが、他に良いのも無し。

値段も2万円弱と、条件に合致してる。

GJR-2はこのロッドで決定。

さぁ、これでちょっとはバラシ減ってくれよ…





にほんブログ村

とりあえず、給料入ったら買って来ます。

ワームのダート解説 vol2.52


おいっす、SERNです。

今回もワームのダート解説、前回の続きです。

明日中に上げるとか言ってましたが、あれはウソです。

というワケで、今回はワームのローテと小技などについて。

ちなみにvol1ではワームのローテは気分で、とか言ってましたがあれもウソです、忘れて下さい。

とりあえず、自分が使うダートで使うワームは以下の3種類。

写真の上から
・マドネス バクリーダート
・マーズ R32 バースト
・コアマン アルカリ(稀にミニカリも)
です。

IMG_20151023_004150_convert_20151023004431.jpg


まずは言わずと知れたバクリーダート。

先発完投どころか権藤選手並の酷使具合です。

ワームのダートを始めるに当たって、まずは使って欲しいワームです。

カラーは6種類ほど有りますが、カタクチとキビナゴの2種類が有れば大体の局面に対応できます。

フォローで持っとくとすると、チャートがオススメです。

カラーで極端に差が出るというのも有る事は有りますが、まずは2色くらいを使い込んでみて下さい。

一つ注意するとすれば、このワームはとてつもなく脆いです。

1本、ないし2本釣れば確実に壊れますし、酷い時はショートバイトで壊されます。

なので1本掛けた後は勿論、ショートバイトが出た後でも足元で動きをチェックしてください。

綺麗に左右にダートしていない場合は、勿体無くても必ず交換してください。

ダート動きがおかしくなっている場合、どんなに高活性だろうと絶対釣れません。

あと、バクリーフィッシュというノーマル版のやつも有りますが、これもダートさせて使えます。

が、ダート版に比べて優位な状況を見つけられていないので、今回は割愛。

続いてR32 バースト。

言わずと知れたマーズのシーバス用のワーム、R32のダート仕様モデルです。

あんまり知名度の高くないワームですが、最近自分の中で評価急上昇中です。

バクリーに比べて一回り小振りなシルエットですが、これが効きます。

使いどころとしては、バクリーで数本抜いた後。

もしくはバクリーで乗り切らないバイトが頻出した場合に使用しています。

あともう一つ、バクリーよりも圧倒的に優れている点が有ります。

それは何と言っても耐久度

バクリーはちょっと裂けたりするとほぼアウトですが、バーストの方なら全然大丈夫です。

バクリーの一つ辺りでの平均釣果が1本とすると、バーストならば5,6本は持ちます。

最近お財布事情が冬真っ盛りの自分にはとてもありがたいです(笑)

ただまぁ、弱点もありまして、今はほぼ手に入りません…

マーズが倒産したことも有り、生産ラインが移行途中でごたごたしており、あまり人気の無いバーストは後回しにされているのだとか。

来年までは入荷は見込めないとのコトです。

デイライト、緑金など好きなカラーは数有ますが、今現在は入手不可能です…

後はバクリーに比べてやや浮き上がりが早いです。

同じレンジを通したい場合はジグヘッドの重さを一段階上げて下さい。

最後にコアマン アルカリ。

ん~、これについてはイマイチ使いどころに悩んでいます。

使い勝手としてはバクリーとバーストの中間辺りと言ったところ。

勿論釣れるワームでは有るんですが、上記二つとの使い分けが分からないです。

自分は使いどころにあぐねていますが、釣れるワームですので使う価値アリです。

どっちかと言うと、ミニカリをそのうち使い込んでみるかもしれません。

ダイワから出たやつなど、使ってみたいワームはまだたくさん有るので、そのうち追加インプレを書くかもです。




続いて小技編。

ワームのダートでの小技としては、フォール、タダ巻き、ダートの幅を変える、などが有ります。

しかし、最初の内は一切要りません。

ひたすら同じテンポでダートさせることを心がけて下さい。

自分もまだどれも確信を得られていないので、慣れて来たら色々と試してみて下さい。

ただ、どれをやるにしても変化を入れるのは一瞬です。

それも一投の内に1回、ないし2回で十分です。

下手に変化を入れ過ぎるのは見切られる事になるだけです。

繰り返しになりますが、本当に一定リズムのダートだけで十分釣れます。

変化を入れるのは、一定リズムで乗せ切れない時の最後の手だと思って下さい。

ではこんな所で、もっと深い部分が見えて来たらvol3を書きたいと思います。

これが少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後になりますが、いつも閲覧ありがとうございます。

コメントや拍手、じみーに伸びていく閲覧数が更新の励みになっています。

これからもぜひともよろしくお願いします。

あと、この下の行は絶対に反転してはいけません、絶対に。

こうやって媚びとけば拍手付くんだろぉ?ちょろいぜ。






にほんブログ村

忠告を無視して反転してしまった方へ、もちろん冗談ですごめんなさい。
最後でぶち壊していくスタイルでした。

ワームのダート解説 vol2


ども、膝が一向に良くならないSERNです。

以前もちょこっと書きましたが、色々と新たな発見も有ったのでワームのダートvol2。

vol1はこちらです(ワームのダート解説 vol1

前回と180度違うことを言ってるトコも有りますが、まぁ前回は覚えたてでムリクリ書いたのでご容赦下さい。

今回はワームやジグヘッドの使い分けをメインに解説。

あと、良く聞かれるのがダートのテンポや強さ。

なんですが…、こればっかしは自分の文章力で絶対伝わりません…

あれです、コアとかの動画でお願いします。

ダートの動画でも上げてみようかな…

いきなりの雑っぷりですが、とりあえず書いていきます。

まずはジグヘッドの使い分けです。

自分が使うのは主に3種類。

写真の上から
・コアマン  パワーヘッド(以下PH)
・マドネス バクリーヘッド(以下BH)
・がまかつ レンジスイマー タイプボトム(以下がまヘッド)
です。

IMG_20151020_205120_convert_20151020210924.jpg


簡単に長所と短所を。

まず上の二つの長所ですが、上下左右にかなり自由度の高いダートをします。

短所は浮上の早さ、12グラムなど重いのを使ってもかなり早く浮き上がってしまいます。

自分の使いどころとしては、水深の無い場所と朝の高活性時。

PHとBHの使い分けは特に気にしなくても大丈夫です。

弾丸系のジグヘッドならどれも似たような感じなので、好みで大丈夫です。

PHが断トツの人気なので、迷ったらこれで大丈夫です。

重さですが、これはポイントによるとかしか。

新堤の場合だと自分は際の場合は9~12グラムをメインに使ってます。

キャストでは滅多に使いませんが、大体同じくらいのウェイトで投げてます。

続いてがまヘッド。

これの長所は何と言っても浮き上がりにくさ。

上記のヘッドの半分の重さでも、同じレンジを引くことが出来ます。

短所としてはやや単調なダートになりがちなとこと、水深の浅い場所では使えないと言ったとこ。

自分もこのヘッドは足元から水深があるとこしか使いませんが、そういう所ではかなり強いです。

最近の新堤など活性の低いシーバスは、追っていても中々食わない上にあまり高いレンジまで追ってきません。

そんな時に強いのがこのヘッドで、一定のレンジをダートさせ続けられます。

最近の澄潮&シブさだと初手から投入することもある、エースヘッドです。

あと、まだほぼ使ってないのですが、コアマンから新しく出たダートヘッドでも同じことが出来ます。

重さですが、際なら6~10グラム、キャストもほぼ同じですが、際より一段階だけ重くすることが多いです。




次はワームのダートでの通す向き。

潮が効いてる、それもかなり速いという状況。

そういう時は際にしろ、キャストでのブレイク狙いにしろ、潮上から通すことを意識してください。

理由はイマイチ良く分からないんですが、流れが速い時は潮下から逆らうようにダートさせると反応がイマイチです。

出ないというワケでは無いですが、浮き上がりも早くなってしまってやり辛いです。

潮が効いてない、緩やかな流れの場合はどちらからも通してみて下さい。

ジグヘッドの使い分け+αに関してはこんなトコですかね。

ちょっと長くなってしまったので、一回切ります。

続きも読んで頂けると幸いです。

わからないトコや、これ教えてってのは、コメントにて大募集です。

では今回はこの辺で、明日の横沖の準備をしつつ。







にほんブログ村

続きは明日中には上げれるかと思います。

半年の区切り


ども、ちょっぴりお久しぶりの更新です。

最近は地味に忙しく、釣りに行けない日々です。

まぁ実際のところ、行く時間は有ったのですが、どうにも行く気になれず…

う~ん、完全に釣れない時の典型的なパターンですね。

いや、違うんです、自分が悪いんじゃなくて、釣れない新堤が悪い。

責任転嫁に定評のあるSERNです。

気づけば6月も終わり、今年も残す所あと半分。

というわけで、この半年の釣りを振り返っていきたいと思います。

1月: 8本 (前年度5本)

まぁまぁ、予想通りと言うか何というか…

特にこれと言って言うことも無い、無個性釣果っぷり。

最低限ですよ!最低限!


2月: 36本 (前年度3本)

新堤、横沖で1回ずつ二桁キャッチなど、とにかく数が出た月。

前年度の3本とは何だったのかという釣れっぷり。

期待皆無だった事もあり、文句なしの月。


3月: 54本 (前年度41本)

ランカー&70upが1本ずつ60後半は多数。

もう数型共に大満足。

あれ?俺釣り上手くなり過ぎじゃねwww

うはwwwシーバスとか簡単過ぎwwwwwwwww


4月: 「0」本 (前年度15本)

×釣れない
○釣りに行けない


5月: 7本 (前年度11本)

ままままぁ、一ヵ月釣りに行けて無かったわけですし、しょーがない。

6月に取り戻せば何の問題も無いのことよ(震え声)


6月: 1本 (前年度40本)


c879aa2e.jpg

おかしい、どうしてこうなった…

1~3月で98本、4~6月で8本って何だこれ、何だこれ。

年間400本ペースとかはしゃいでいたのは何だったのか。

もうマイナス要素がことごとく重なったという酷さ。

250本まであと144本、ってこれもうだいぶ詰んでる気が…

ちなみに、この250本が達成出来なかった場合は罰ゲームとして、このブログの読者の爆釣を祈願して四国八十八箇所巡礼します。

って言ってたわけなんですが、やっぱり止めて良いですかね? ダメですね。

というわけで、予想外にヤバくなっている250本チャレンジ、ご期待下さい。

いっざとなったら釣果偽装、本数誤魔化しなんでもやってやる…

いや、勿論冗談です。 ちゃんとやります、はい。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

色々対策も練った。さあいい加減スランプ脱出を。

岸ジギ 入門編Vol2  

ども、禁酒も今季8度目の成功をしたSERNです。

予告通り、今回は岸ジギ入門編Vol2。(Vol1

まずはジグに付けるスイベルやスプリットリングについて。

この辺は自分も割と最近になって知ったんですが、上記の二つはなるべく小さく。

DSC_1336_convert_20150415084545.jpg


こんな感じでセッティングしています。

スイベルのサイズは#8、スプリットリングは#2を使っています。

かなり小さいですが、強度的には全く問題ありません。

タックルの説明はここまでで、ここからは実践編。

ここまで書いてから分ければ良かったな…





基本

岸ジギの基本的なやり方ですが、一か所で投入するのは1回、多くても2回まででドンドン移動していきます。

例外的に、この時期の岸ジギでは先端周りで粘った方が良い思いを出来ることが多々あります。

これは後述するキャストでちょっと詳しく書きます。

バイトが出るのはフォールが8割方で、アップではたまに程度です。

しかし、アップで意識した魚がフォールで食ってくる事も多いので、ここを雑にやってしまうと釣れる魚は減ります。

例外的にアップでばかり食ってくる日もあるので、アップも非常に重要です。

ちなみに岸ジギでのフォールバイトは病みつきになります。




アクション

…なんですが、こちらは正直動画を見て貰った方が良いかと。

youtubeで岸ジギって検索すればいくらでもヒットしますし、コアマンのも基本を知るにはおススメです。

自分が言葉で説明するよりも、遥かに分かりやすいと思います。

いくつか付け足すとするなら、岸ジギというとひたすらロッドを振るイメージですが、タダ巻きでも案外釣れます。

シャクリに反応が出ない時はスローの巻き上げなんかも試してみましょう。




キャスト

当たり前ですが、岸ジギは岸壁の際を狙います。

ですが、例外的に岸ジギでのキャストが有効と言う局面があります。

特に冬~春の今の時期、シーバスはあまり際にベッタリとは着きません。

しかし、際付近を回遊している個体というのが数多くいます。

これを狙うのが、岸ジギでのキャストです。

とは言え、本気で遠投するわけでは無く、10~20㍍ほどアンダースローで投げるだけです。

キャストして着底したら、そこからは普通の岸ジギの様に足元までを縦に探ります。

これは足で探る岸ジギとは違い、先端で回遊を待った方が高確率です。

行ったわけではないので、ハッキリとは断言できませんが、現在新堤で爆釣を見せているのはこの釣り方です。




シーズン

釣り方は微妙な違いがあるとはいえ、1年中釣れます。

あと、水深が5メートルあれば岸ジギは出来ると言いますが、正直10メートルはあった方が色々とやりやすいです。




バラシ対策

岸ジギをやったことがある人は分かるかと思いますが、この釣りはホントにバラシが多発します。

冬場~今の時期はそうでも無いのですが、夏場のバラシラッシュはトラウマものです。

夏場にキャッチ率が5割を上回っていたら誇って良いと思います。

そう言うと夏は全然釣れなさそうな感じですが、その分バイトも多いです。

良い日に当たれば、二桁も簡単に越えます。

肝心のバラシ対策ですが、一応クラッチをレバーの様に使って、エラ洗いさせないなどがあります。

ですが、いくら頑張ってもバレるやつは普通にバレます。

この辺は割り切ることが大切かなぁと。

というか、バラシ対策については自分が教えてほしいくらいです…

あと、注意して欲しいのがハリ先です。

フォールのバイトがメインなので、ハリ先が鈍っていると途端にヒットしなくなります。

なるべく豆にチェックするようにしてください。

86-363636363.jpg




とりあえず、こんな所かなぁ。

自分もまだまだ岸ジギは勉強中なので、間違っている事もあるかもしれませんが…

不明な点などがあれば、コメントで頂ければお答えします。

21日までに「岸ジギ 入門編Vol1&2」合わせて拍手が10を越えたらVol3を書きます。

越えなかった場合は食パンの魅力について書きます。

ちなみに、Vol3の内容は今の所何一つ思いついてません。

ではまた次回、そろそろ復活するかも?




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

食パンの魅力についてはもう書き終わってます。(重要)

岸ジギ 入門編

ども、今年早くも12度目の禁煙に成功したSERNです。

自分が釣りに行けなくなった瞬間に新堤の釣果が爆発しましたね。

毎日トップは20本前後とかなんとか。

まぁしかしね、釣れているのは岸ジギ中心なので、どうしたって型は出ないわけです。

数より型が欲しい今の自分としては、そこまで悔しくない。

というかここで爆釣してしまうと、250本がヌルゲーになってしまうので、むしろ良かったかなと。

爆釣も面白いですが、やっぱり新堤の醍醐味はシブい中で如何に拾えるかだと思います。





そんな訳あるか、そんな訳あるか

なんでだ、なんてタイミングの悪さなんだ。

なぜこのタイミングで爆発したし。

1週間早くしろし。

シブいのが醍醐味?

あんなんただの苦行だわ。

あぁ~新堤行きたい、ふつーに爆釣したい。

型とかどうでも良いから、20本とか釣ってみたいぃぃぃ。

と、本音がでたところで今日の本題。

最近の岸ジギの爆釣もあってか、岸ジギでの検索でのヒットが多いんですね。

ということで、今回はこれから岸ジギを始めてみたいと言う人向けに、必要なものなんかを紹介していこうかと。

とりあえず、最初はタックル編。


ロッド

パッと思いつく限りではシマノのエクスセンス、アピアの風神R、アブのソルティーステージなんかがあります。

他にはバレーヒルなんかも出してますね。

新堤での人気としては風神R>ソルティー>その他 と言った印象。

最初の1本はアピアアブのを選べば問題ないかと。

人によってはバス竿を流用している人も居ます。

ただし、最初の1本を買う方は無難に岸ジギ専用のモデルを買うべきかと。





リール

わざわざ説明するまでも無いですが、この釣りではベイトリールを使用します。

こちらもそこまでこだわる必要は無く、最低限の性能さえあれば大丈夫です。

ドラグ性能さえしっかりしているなら、1万円程度のものでも大丈夫です。

ただし、気を付けなければいけないのは、「ハイギア」と「DC」これは避けて下さい。

ハイギアでも出来なくはないですし、普通に釣れますが、若干やり辛いです。

あとDC、これはフォールに少し影響してしまうらしく、こちらも避けた方が良いかと。

ここで、自分が岸ジギに使っているリールを紹介。

エクスセンスDC(ハイギア)

これには少しワケがあります。

少し難しいテクニックが要るんですが、DCブレーキを利用したフォールを行っています。

今普通に嘘つきました、普通に知識不足で買っただけです、そんなテクニックはありませ~ん。

大して調べもせずに買った結果、一番ダメなものをピンポイントで選びました。

自分の才能が怖い。

とは言え、これでも割と問題なく釣れちゃったりします。

正直、この釣りではタックルはそこまで重要じゃないのかもしれません。





ライン

PEでやっている方も稀に見かけますが、この釣りでは断然フロロをお勧めします。

標準は12lbで、自分は10lbをメインに使っています。

8lbまでなら使っても大丈夫かな?という感じ。

とりあえず、最初は12lbを巻いておけば良いかと。

結構高頻度で巻き替えるので、メーカーはそこまで拘らなくてオーケーです。

色々買ってみて、気に入ったのを使いましょう。





ジグ

さあ、肝心のジグですが、これは30㌘前後の物なら何でも釣れます。

メインで使うのは30㌘で、~40ぐらいまでを使います。

気に入ったジグを使ってもらって大丈夫なんですが、何を買っていいかわからない人のために幾つかオススメを。

コアマン CZ-30ゼッタイ 

もう言わずと知れた名ジグですね。

とりあえずジグに迷ったら、これを買っとけば大丈夫です。

これだけあれば十分と言う展開もかなり多いです。

フォローで持っておくなら、GJタラッサやオーシャンドミネーターなんかがおススメです。

カラーについてですが、メインで使うのはやはりシルバー系。

濁りが強い時や、朝マズメのローライトではゴールドといった感じです。

まぁ、これは基本的にはでしかないので、色々試すのも楽しさの一つかもしれません。

DSC_1335_convert_20150414204019.jpg

アシストフックですが、上の写真についているのはコアマンのこだわりMです。

自作するという手もありますし、自作した方が遥かに安上がりです。

慣れてきたら自作してみましょう。

ちなみに自分は、手先が不器用過ぎて全くコツが掴めません…

思ったより長くなったので、一度ここで切ります。

次回はもうちょい細かい部分なんかを書いていこうかと。

では、Vol2に続きます。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

前半と後半のテンションの差。

ランディングシャフトあれこれ

ども、親戚一同の前で酔っぱらってぼっちネタを披露したSERNです。

前回すっかり書き忘れていたんですが、実はランディングシャフトが新しくなっていました。

というのも、今まで使っていたDAIKOのランディングシャフトが四日市遠征の際に小破。

使えない程の破損ではなかったので、だましだまし使っていました。

が、この状況で使い続けて折りでもしたらあまりにバカらしい。

というワケで、大事を取って一度ドック入り。

必然、修理から帰って来るまでの代わりが必要。

なので、繋ぎ&予備として、ダイワのランディングポールⅡを購入。

せっかくなので、今まで使って来たシャフト達のインプレ(ほぼただの感想)を書いていこうかと。

よろしければ、お付き合いください。


初代


DSC_1136_convert_20150119192251.jpg


PRO MARINE ビビッド磯玉540

・全長: 5.4m
・継数: 5本
・自重: 538g
・価格: 2000円くらい(フレームと網含めて)


このインプレはいるのか…?

まぁ、一応初代に使っていたタモなので、書いていきます。

性能は値段通りと言った感じ。

小継ではないので、移動の多い沖堤では不便ですが、釣り設などでは使えなくもない。

意外と丈夫で、未だに現役。

シーバスで使うことは無いですが、カレイなどをメインに活躍中、まぁ悪くは無いタモ。

値段相応、釣り設などでシーバスにチャレンジしてみたい方にはオススメ?です。


2代目


DSC_0218.jpg


PROX ホルダーアームSE 600

・全長: 6M
・仕舞寸法: 69cm
・継数: 11本
・自重: 557g
・値段: 7500円くらい


新堤でもたまに見かける、このシャフト。

結構ボロクソ言っているので、愛用者の方は飛ばしてください…

新堤に渡るにあたって、始めて購入した小継のタモ。

正直に言ってしまうと、全くオススメ出来ない

まず操作性ですが、これは悪くない。

値段を考えたら、むしろ良い方かもしれない。

が、このシャフトは初期不良の発生率が非常に高い。

自分の場合、先端のネジが異常に緩く、締め込んでいてもすぐにフレームが緩んでしまう。

挙句の果てには先端のボルト部分が抜け落ちるという、ありえない不良品。

これのせいで、2度ほどinoを失くしかけました。

同様の事が結構起きているらしく、inoなど高いフレームを使う場合は注意が必要です。

というか、使わない方が良いです。

これはこのシャフトの売りでもあるんですが、値段からすると驚きの軽さで、カーボン含有率も99%と高い。

そのためなのか、非常に耐久力に欠けます。

自分の場合はやや強引にランディングした結果折れたのでなんとも言えません。

しかし、尻渡の場合に至っては10匹ちょいのランディング。

それも、特に強引にいった訳でもないのに、普通に折れました。

以上の点から、正直このシャフトを買うくらいなら、もう1ランク上を買った方が良いかと…

自分にとっては、安物買いの銭失いというのを、身に沁みさせてくれた1本でした。


3代目


img6233shhs.jpg


DAIKO ランディングシャフト DBLLS600

・全長: 6M
・仕舞寸法: 76.5cm
・継数: 10本
・自重: 535g
・値段: 18000円くらい(ホルダーは別売り)


3代目として購入、その後1年使い込んだシャフト。

これはもう文句なしで良いシャフトです。

操作性も非常に良く、自重も軽めで耐久性も十分。

値段はちょっと高めですが、性能面から見れば安いくらいだと思います。

今回の故障でドック入りしてしまいましたが、完全に自分のミスなので…

ダイコーが釣り事業から撤退してしまったので、今後手に入りにくくなるとは思いますが、文句なしにオススメ出来る1本です。

早く修理から帰ってこないかなぁ。


3.5代目


IMG_20150120_233336_convert_20150120234016.jpg



Daiwa ランディングポールⅡ

・全長: 6.04M
・仕舞寸法: 81.0cm
・継数: 9本
・自重: 695g
・値段: 8000円くらい(ホルダーは別売り)


で、前回から繋ぎ&予備として導入したダイワのランディングポール。

まだ3本しかランディングしていませんが、とりあえず簡単にインプレ。

操作性は微妙、ホルダーアームと同じか、やや劣る程度といった所。

ダイコーのと比べてしまうと、非常に使い辛いと感じてしまう。

重さと仕舞寸法もやや気になる所。

仕舞い寸法は、背中に掛ける場合はホルダーの位置で調節すれば、ほぼ問題なし。

腰に掛ける場合なんかはちょっと気になるかもしれません。

次に重さについて。

背負っている時は気になりませんが、ランディング時はちょっとやり辛い。

この辺は慣れれば気にならなくなるのかな?

まぁ、良くも悪くも値段相応といったところ。

耐久性についてはまだ何とも言えませんが、作りはしっかりしているので大丈夫そうかなぁ。

けっして悪くはないシャフトなんですが、先代が有能過ぎた…




以上、歴代シャフト達のインプレでした。

最初のヤツのインプレは絶対いらなかったな…

この素人感溢れるインプレが少しでも役立てば幸いです。

ではこの辺で、寒い夜中に温かいコーヒーを飲みながら。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

次回もたぶん新堤です。

2014年シーバスまとめ part2

ども、今年最後のSERNです。

part1は各月毎にまとめてみましたが、今回は皆さんお待ちかねのこのコーナー。

今年の数&型 ベスト3のコーナー(わーぱちぱち)

誰がお待ちかねなんでしょうね、このコーナー。

自分が後で読んで悦に浸る用です。

まぁ、悦に浸るほどの釣果でも無いんですが…

ではまずの数の部門。

3位、[川崎新堤  何かを掴んだ2桁] 10本

6月24日の後中潮。

ワームオンリーでの10本。

今年はイマイチ数が出なかった印象。

200本こそ達成できたものの、新堤での2桁はこれを含めて2回だけ。

その中でも威力を発揮したのはこのワーミングことバクリーダート。

来年はこのワーミングをもっと突き詰めたい所。


2位、[大黒  雨間のバイトラッシュ] 13本

3月20日の前中潮。

2位にランクインしてきたのは、まさかの大黒釣り施設。

この日はホントに入れ食い状態。

雨と寒さがなければ、20本もいけたかもしれない…

まぁ、逆にあの雨が良い方向に作用したんでしょうけども。

しかし、アフターの接岸タイミングとしては、貴重なデータ。

来年も遭遇するゾ☆


1位、[川崎新堤  混迷の海] 16本

8月25日の大潮。

1位はもちろん新堤。

1本キャストで取った以外は全て岸ジギ。

岸ジギの魅力の一つである、数が出るというのを満喫させてもらった日でした。

岸ジギも来年はもう少し突き詰めてやっていきたいところ。

しかし、あれですね。

潮回りが全て被っているとかなら面白かったんですが、見事にバラバラ。

強いて言うなら良く動く潮ってことなんですかね…

まぁ、それは当たり前なんですが。

来年はまだ見ぬ20本をキャッチしたいです、まる。



続いて型の部門。


3位、[川崎新堤  復調]


00001.jpg

1月21日の中潮、08:50にPB30での基礎攻めで出た77㌢。

悲惨だった1月に光をくれた1本。

アフターの魚でやせ気味ではあるものの、サイズが出るとやっぱり嬉しい。

3位がナナナナというのも、少し寂しいですが…


2位、[川崎新堤  ACES]


00006.jpg

12月6日の大潮、05:20にX80マグナムのテクトロにて出た87㌢。

これはまだ記憶に新しい1本。

体高があり、ずんぐりむっくりの魚。

人生2本目のランカーだったわけですが、今まで釣ったシーバスの中では1番の引き。

来年もこんな魚に出会いたいぜぃ。


1位、[川崎新堤   Ranker]


00002.jpg

9月6日の長潮、08:05にPB20のテクトロ[フォール]で出た88㌢。

1位も、もちろん川崎新堤。

そして、この魚が人生の初ランカーシーバス。

上の87に比べると、少し細長いといった印象。

ですが人生初ランカー、生涯忘れられない1本になりそうです。

ここで最後に来年の目標を発表。

友達を作る」、違う、これじゃねぇ。

今年は惜しくも届かなかった250本、これでいきたいと思います。

罰ゲームは去年と同じく、四国八十八ヶ所。

来年は今年に比べて、釣行回数自体は少し減少してしまうと思うので、厳しい気もしますが…

今年も残りわずか、では良いお年を。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

来年の始動は3日を予定。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)