FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「投げ釣り 」カテゴリ記事一覧


野島沖堤  今年もカレイ

10月31日

小潮   満潮11:18  干潮16:57


自己中、自己中心的 ちょっと前に流行った言葉ですね。

自分も使いましたし、使われました。

自己中、要するに自分の事を中心に考える人って意味です。

でもこの言葉を人に使うってことは、その人に自分の事を思いやって欲しいってこと。

それこそが自己中なんじゃ?と、何一つ実りのない事を考えつつ、SERNです。

今回は久しぶり、というかもう懐かしいレベルの投げ釣りへ。

いまだに毎年楽しみにしている、野島のカレイ。

6時過ぎに船宿へ。

ドック堤の角を取りたかったので、1番乗りを期待する。

が、そうも上手くいかず3番手。

7時に出船。

DSC_1018_convert_20141104171422.jpg

どんこどんことのんびり進んで行き、ドック堤で下船。

内側の適当な場所で3本投入。

キャストは酷いもので、最初の3投くらいは飛距離もコントロールもズタボロのゴミカス。

まぁ半年ぶりですし、しょうがない…

DSC_1021_convert_20141104171502.jpg

投入直後にサビくとアタリが連発。

予想はしていましたが、相変わらず外道が湧いてるらしぃ…

DSC_1020_convert_20141104171447.jpg

チャリコ、ベラ、シロギス、トラギスそしてイイダコと外道の猛攻。

投入して数分でエサが無くなる。

先端角の方達にも本命のアタリは無いらしい。

そんな中、せっせとエサを代えつつ投入を繰り返す。

そして8時、ついに外道達とは違う一際大きいアタリ。

軽くアワセを入れつつ聞いてみると、確かに何か乗っている。

丁寧に回収してくると、下に潜る懐かしい感触。

そしてお懐かしい姿。

最初の1枚なので、丁寧にネットイン。

IMG_20141101_104632_convert_20141104172018.jpg

30㌢ながら、とりあえず今季の1枚目。

相変わらずのエサ取り地獄の中、せっせかせっせかと打ち返し続ける。

で、9時前、フリーのドラグを引きずり出す大アタリ

慌てて回収、寄せている最中も中々良い引きっぷり。

足元でも良い粘りを見せて、ネットイン。

IMG_20141101_104651_convert_20141104172059.jpg

ちょっと良いサイズ。

40あるかな?と思ったが、惜しくも39㌢。

30後半もずいぶんと久しぶりな気がする。

シロギスが掛かって、エサが暴れたトコにヒットしたらしい。

やっぱりこの時期はコマメにサビくのが良いのかな。

今日はこんな感じにダラダラ釣れ続く感じかな?

と、思ったんですが、これ以降はサッパリ。

そしてもう一つ、致命的な問題。

500㌘用意して来た青イソメ、朝に大盤振る舞いし過ぎたせいですでに結構な消費。

朝の3時間で半分以上を軽く消費…

このままじゃとても15時まで持たないので、早くも節約モード突入。

竿を2本にし、かつ片方は1本針。

あまりコマメに回収はせず、時合いと睨んだ満潮の時間を待つ。

のんびりと沖を眺めていると、一隻の大型船。

DSC_1024_convert_20141104171525.jpg

あ、あの全通甲板、 ひゅうがじゃないですかぁぁぁ!

キマシタワー!

野島渡るに至って、見れないかなぁとは考えていましたが、ホントに見れるとは。

DSC_1027_convert_20141104171543.jpg

全通甲板のカッコよさは異常だと思うワケよ。

ちなみに空母みたいな外見ですが、空母では無いですよ。

Fー35BやAVー8B(垂直離着機)を乗せたら、軽空母じゃないかとか一部では言われてますが、ひゅうがのサイズでは色々不可能ですし、するメリットも無いに等しいです。

じゃあ何のための全通甲板かというと、対潜水艦用のヘリを沢山搭載するためです。

対艦、対空は他の船に任せ、対潜だけをひたすら特化した護衛艦です。

この話しをし出すと止まらなくなるので、いい加減本編。

好きな話題になると途端に饒舌になるのも、ぼっちの悪い癖だ…

横須賀基地に帰っていくのを見届けて再開。

DSC_1029_convert_20141104171749.jpg

時合いと睨んだ11時半、残りが減って来たエサを再び惜しまず投入。

が、時合いは訪れず。

エサが本格的にヤバくなってきたので、再び竿を1本に減らす。

んで、ちょっと昼寝タイム。

30分ほど寝てたのかな?バタバタという足音で目が覚める。

誰だよ堤防で走り回ってんのは、と起きると角の方がタモ入れ中。

上がっていたのは結構良いサイズ。

もう一人の方にも少し前に1枚上がったらしい。

タイミングを僅かに読み間違えたらしい…

3本に戻そうと投入するが、キャスト時のライントラブルで高切れ。

エサも本格的にマズくなったので、2本のまま続行。

13時、エサが早くも底を見せ始めていたので、竿をついに1本に減らす。

釣れる気もしないので、再び護衛艦ウォッチング。

DSC_1031_convert_20141104171830.jpg

これはむらさめかな?

それとも、以前磯子のドックで見かけたいかづちかな。

107なのか、101なのかが良く見えないのでわからないですが、どっちか。

続いてこちら。

DSC_1032_convert_20141104171846.jpg

これは最初なんだかわかんなかったんですが、調べてみたら多用途支援艦のえんしゅうっぽい。

朝一は釣りに集中していて、写真撮ってなかったのでこれだけ。

で、14時。

エサが尽きたため、早くもラスト1投。

特に何もなく、これで終了。

ひゅうがが見れたので満足ですが、釣果の方はちょっと物足りない。

水温が下がって、外道が減った頃にまた来ます。

今の状況だと、エサがいくらあっても足りないのことよ…



釣果
・マコガレイ×2
・その他モブの皆さん

DSC_1033_convert_20141104171909.jpg



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

次回はいつも通り新堤。

磯子  いかづち


3月21日

中潮   満潮07:22 干潮14:01


この春2回目のカレイ狙い。

風がやや強いとのことなので、磯子の釣り設へ。

現在内装工事中のいずもが見える。

DSC_0625_convert_20140327152325.jpg

奥に見える護衛艦は、むらさめ型のいかづちかな。

眼福

対艦ミサイル発射用の4連装発射筒が萌えポイント。

8時過ぎから、角付近に入って投入開始。

DSC_0629_convert_20140327152416.jpg

今の所風もなく、非常に気持ちいい小春日和。

まあしかし、アタリは遠い。

投入したエサがかじられもしない。

後ろではネコがエサをおねだり。

1395752634530_convert_20140327160750.jpg

しばらくすると、「こいつらエサ持ってねぇ」と言い残し去っていく。

DSC_0628_convert_20140327152400.jpg

全くアタリも出ないまま、時間だけが過ぎていく。

次第に風も強くなり、いつのまにか強風に。

幸いフォローだが、それでもかなり釣り辛く、そのうえ寒い。

夕方に突入し、今日初めて重さを感じる。

ヒトデも来ないって珍しいなぁ。

まあ、引きは0。

ヒトデかと思ったが、でっかいナマコ。

DSC_0631_convert_20140327152436.jpg

日も傾き始める。

もう何でもいいから来てくれ…

DSC_0632_convert_20140327152454.jpg

BAD END


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


10時間投げて、ボウズはキツイぜぃ

本牧  久々カレイ

3月10日

長潮   満潮10:16  干潮19:04


今回は久しぶりにカレイ。

戻りの釣果もそこそこ出始めている。

野島を予定していたが、風がかなり強いということで本牧に変更。

この時期の本牧は爆釣こそないが、安定して釣れる。

とりあえず、1枚出てくれれば御の字。

今日も尻渡と待ち合わせ、6時半過ぎからスタート。

DSC_0583_convert_20140312210122.jpg

旧護岸奥のいつもの場所で2本投入。(真ん中のは尻の竿)

風も思っていたほどではなく、割と期待出来そうな感じ。

2時間が経過…

アタリは無いが、非常にまったりとした時間。

最近はルアーばっかやっていたので、こういうマッタリした時間も懐かしい。

更に2時間が経過し、あっという間に12時。

… あれだな、ヒマだ

ここまで、アタリも皆無。

昼飯を食って、少し昼寝。

DSC_0585_convert_20140312210350.jpg

アタリは依然として無し。

ヒマなのでスズメの写真撮影。

DSC_0586_convert_20140312210408.jpg

スズメって可愛いなぁ。

こうもふもふしたくなる。(病原菌だらけとかは、言わないように)

ちなみに冬のスズメが膨らんでいるのは、羽の間に空気を取り込んで、

体を膨らませているからだったりします。

いわゆるふくらすずめというやつですね。

…何の話だこれ。

相変わらずヒトデが時折掛かるだけの暇、もといマッタリとした時間が流れる。

ようやく反応が出たのは、午後の3時過ぎ。

ヒトデを避けるためのサビキを入れると、「ガガッ」っというアタリ。

アワセを入れ直し、慎重に巻いてくる。

確かな引きで上がってきたのは、本当に久しぶりのカレイ。

引きの割に小振りだったが、念の為にネットイン。

DSC_0587_convert_20140312210427.jpg

29㌢ながら、肉厚の戻りガレイ。

とりあえず一枚釣れてよかったぁ。

時合いの到来かと、エサをタップリつける。

尻渡との計4本で、ヒットポイント周辺を集中砲火。

が、これっきりで再び沈黙。

期待した夕マズメは、尻渡にアイナメが来たのみで、カレイはサッパリ。

風も更に強くなり、かなり寒い。

今日は19時まで延長とのことなので、アナゴでもと期待し粘る。

しかし、最後にコイツが来ただけで終了。

IMG_20140310_192136_convert_20140312212410.jpg




まあなんとか一枚釣れて良かったぁヽ(^。^)ノ

今月中に、もう1,2回はカレイ行きたいな。


釣果
・マコガレイ
・ドチザメ



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

昔のこの時期は、カレイばっか狙ってたなぁ

東燃岸壁    立入禁止


1月13日

中潮


前回のエサが、まだ大量に残っていたので、夜釣りのカレイを狙いに行く。

前回同様に浮島の東燃岸壁へ。



到着まであと少しなのだが、岸壁沿いに点滅する光が見える。

なんか嫌な予感がしたが、向かう。

DSC_0496_convert_20140113202202.jpg

立ち入り禁止 になってる。

1342701658882noanbo.jpg

ついにかぁ… 

元からグレーゾーンではあったし、ゴミなんかも目に余るほどだったので、いつかはなるだろうなとは覚悟してましたが、マジかぁ~。

いやでも、なんか工事中っぽい雰囲気もあったし、一時的って可能性も…

詳細はわかりませんが、とりあえず立入禁止になってしまっている。

一瞬、バレなきゃ犯罪じゃryという考えも浮かびましたが、下手すりゃ逮捕なので移動。

といってもどうしよう?

浮島釣り公園…は無いな。

こちらもカレイの産卵ポイントになっていると聞いた事のある、東扇島のポイントへ。

がこちらは風が思いっきりアゲインスト。

釣りができない程では無かったが、全くやる気にならず、再び移動。

ちどり公園、ここもカレイ釣れるって聞いた覚えがあるなぁ。

ただやる気は起きず、ここで断念し帰宅。

結局2時間半、極寒の中サイクリングしただけって訳よ。

すごーく、有意義な1日でした


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


ちなみにこの他にも、ロッドケースの肩紐が切れたり、自転車のタイヤがパンクしたり…
厄年とかじゃないことを祈ろう…


浮島   夜釣りのカレイ


1月6日~7日

中潮~小潮    満潮19:51    干潮02:16


今回は夜釣りのカレイ。

普段は昼間に釣れるカレイですが、この産卵の時期だけは例外的に夜釣りで釣れます。

ただしポイントはかなり限定的で、釣れるのは全てオス。

しかし良い日に当たると、一晩で二桁を越えることもザラ。

ポイントはいくつかあるんですが、今回は東燃岸壁へ。

まあ一応グレーゾーンの釣り場なので、名前を伏せようかとも考えたんですが、東燃は多分夜ガレイを知っている人なら知らない人はいないだろうというこで、普通に名前を出しました。

まあこのポイントは某有名釣り雑誌でも紹介されちゃいましたしね…

というワケで向かう。

すっかり日も暮れた18時頃に到着。

場所が空いているか心配していたが、拍子抜けするほどガラガラ。

ホントにポツポツ程度しか人がいない。

全く問題なく常夜灯周りのベストポイントに入り、2本投入。

DSC_0488_convert_20140107161603.jpg

この釣りでは遠投する必要は全く無く、ポイントとなるのは50メートルより近く。

場合によっては、足元で釣れ盛ることもあります。

あと防潮壁が2メートル以上と結構高いので、持っている方は脚立を持って行った方が良いです。

まあ無いと出来ないということはありませんが、あった方が断然便利です。

隣の人と喋りつつアタリを待つが、アタリは全くない。

というか、なぜこんなに人が少ないんだろう(・・?

正月休み明けだからか? それとも釣れてなry  …言わないでおこう。

最初の時合いと期待した満潮前後は、特に何も起こらず過ぎる。

394659692a460258b45a99f1424ea357.jpg

まあ9時頃から急に入れ食いとかもあり得るので、まだ慌てる時間じゃないな。

隣の方に温かいコーヒーを頂き、少し元気が出る。

ホントにありがとうございますm(__)m

気温もドンドン下がり極寒の中、竿先に集中し続ける。

と5メートル程の近場に投入しておいた竿に、今日初のアタリ。

慎重に待ってからアワセを入れると、乗った。

しかしあんまり重くないなぁ、25㌢位かなと思ったが。

DSC_0490_convert_20140107161647.jpg

あら、メバル。

ちょっと嬉しい外道。

しかし、その後も時合いが訪れる気配は全く無い。

ポツポツと帰りだす人も出始める。

時刻は22時を回り、残っているのは自分とお隣さんだけ。

カレイもダメなのか…というマイナスな思考になり始める。

23時を回る、依然としてアタリは出ない。

20090830173636a76.jpg

まだ、まだ だ…

遂に日付も変わる、ここでお隣さんが帰宅。

最後にもう一杯コーヒーを頂いたm(__)m

終了を考え始めた頃、突然「ジッ」というドラグ音。

ん?気のせいか?と思った瞬間「ジッ ジー」と確かなドラグの逆転音。

キタキタ~!と岸壁を上り、巻き上げ開始。

確かな引きを感じるが、なんかコイツ上昇してきてねぇか?

そして少し遠くで聞こえる、パシャパシャというエラ洗い音。

IMG_20140107_011430_convert_20140107161626.jpg

ハァ…

40くらいのシーバス。

で、結局1時30分まで粘るも、その後はなんも無し。

エサがまだ200㌘以上残ってるので、当然リベンジします。

ちなみにカレイの産卵はかなり遅れているようですね。

次の大潮辺りにリベンジかな。


釣果
・メバル
・シーバス


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


シーバス200本は、当然ルアーでなのでコイツは入れません。



大黒   Xmas

12月25日

小潮   満潮10:26   干潮17:07


今日はクリスマスですねぇ。

まあだからなんだって話なんですけどネ。

自分からしてみれば、去年もやったろ? なに毎年やっちゃってんの?って話なんですけどネ。

聖夜だか性夜だか知らねェけどもだ、毎年飽きずにバカでねェの?

まあグチグチと言ったけどもだ、何が言いてぇかって言うとだ、


7529-7056356.jpg



リア充は死ね!



大事な事なので2回言いました。

まあそれは置いといて、今日も大黒。

本当は朝からシーバス狙いで行くつもりだったんですが、寝坊しますた。

昨日はクリスマスイブだったわけですが、自分はいつも通り仕事から帰宅し、サンタ狩りのスレを見てました。

飽きたので、「どうでしょう」の車内でクリスマスパーティーを見ながら酒を飲んでいました。

で少し気分が悪くなり、横になっていて、気付いたらと。

いやまあお前はどんだけ寂しいイブを送ってるんだ、というのはどうでも良いんですが、こんなくだらない理由で寝坊しているうちはランカーなんて夢のまた夢だよなぁ~

でまあ普段なら寝坊した時点で諦めるんですが、尻渡から「昼から行きませんか?」というお誘いが。

昼からルアーをやる気にもならないので、久しぶりに投げ釣り。

10時半くらいにのんびり出て、途中尻渡と合流し大黒へ。

1時間に1本のバスに乗り遅れたりと、グダグダで13時頃ようやく到着。

自転車だと1時間かからないのに…

適当に内側に入り、2本を投入。

DSC_0469_convert_20131228123031.jpg

まあ当然アタリも無く、暇なのでルアーをやってる尻渡を見に行く。

尻渡もアタリは全く無いと。

少し気になった場所があったので、尻渡に「そこ(ルアーを)通してみろよ」とアドバイス。

で尻渡がそこを通すと一発でヒット。

マジか(;゚Д゚)

いやこれ昔からなんですが、人にアドバイスする時は結構当たるんだよな。

あれか、俺は実は「答えを出すもの:アンサートーカーだったのか…      (これ)

まあ戯言は置いといて、本当なんでだろう?

欲が無いからなのかなぁ?

というかアンサートーカーなら自分も釣れるハズですし。

で、俺の投げ釣りの方はというと、面白いくらいアタリ無し。

DSC_0471_convert_20131228123058.jpg

海を眺めているだけの退屈な時間。

いやまあルアーと違ってマッタリしてて、嫌いではないんですけどね。

だんだんと日も傾いてくる。

DSC_0472_convert_20131228123210.jpg

全くアタリも無く、暇を持て余していたので少しへチ釣り。

カサゴを期待するが、一度ハリスをぶった切られるアタリがあったのみ。

日も完全に落ちる。

DSC_0473_convert_20131228123230.jpg

今日は特別延長ということで、19時までOKらしい。

夜釣りに突入し、アナゴを期待するが、来たのは…

DSC_0474_convert_20131228123252.jpg

いつまでいるんだお前は。

その後はアタリも無く終了間際。

アタリも無く一本目を巻き上げていると、もう一方の竿の竿尻がガタンと浮く。

巻き上げ来ると。

IMG_20131225_211343_convert_20131228123500.jpg

……

巻き上げ途中で放置していたもう一方にもアタリ。


DSC_0479_convert_20131228123438.jpg




imagesCAPYRWA0.jpg


釣果
・イシモチ
・ドチザメ?×2


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


いやまあ最近サメがやたら釣れてるし、周りでも上がっていたんで予想はしてましたよ。
でもちょっと期待しちまうだろ、チクショウ。
で、次回は今年の釣り納めです。

野島沖堤   散々な一日

11月26日

小潮   満潮11:37


全然行けてない秋の乗っ込みカレイ、しかし新堤シーバスも捨てがたい。

悩んだ結果カレイに決定。

確実に釣果が欲しいので今回も野島沖堤へ。

いつも通りドックに渡ろうと考えていたが、村本海事の人に「今ドックはあんま釣れてないよ~」と言われ急遽ハナレに変更。

昨晩の大荒れは嘘の様に晴れ渡り、風も心地よく吹いている程度。

8時20分頃ハナレに到着。

DSC_0415_convert_20131128153301.jpg

思ったより足場低いな(^_^;)

実はハナレに渡るのは初めて。 というか野島沖堤自体まだ3回目なのだが。

最近、カレイはイマイチということで期待半分、不安半分で開始。

1本目を投げ入れ、2本目を用意していると ジー

とフリーにしていたドラグが凄い勢いで出される。

慌てて竿を取りアワセを入れると乗った。

強烈な引きをかわしつつゆっくりと寄せてくる。

が、突然フッと軽くなる。

回収するとフロロの5号があっけなく切られている。

横で見ていたへチ師のオッサン曰くマダイらしい…

c879aa2e.jpg

「gaaahihggbaofgggッッッ!!!」(声にならない叫び)

いやまあしかしだ、今日の本命はカレイ。 マダイなんて三下には興味がない!

マダイなんて所詮エサ取りに過ぎない。

そう、悔しくなんて無い(結論) 悔しくてゲロ吐きそう。

気を取り直して3本投入。

DSC_0409_convert_20131128153223.jpg


本命のアタリは無いまま3時間経過

ちょっと待て。

ここは本当に野島か?

こんなにアタリが無いのも初めて。

あ、そういえば前回の釣行で色々あったサーフリーダーはなんやかんやで折れました(適当)

もう改めて見ても投げタックルが酷いな。

PE使ってるのに、SIC付いてるのが3本中1本だからなぁ。

これはイカン。  前回Mig-19なんて言ったけど、これじゃあもうコメートだよ。

話が少し脱線しましたが、本当に釣れない。

釣れてくるのは最近湧いてるチャリコやハオコゼのみ。

DSC_0413_convert_20131128153243.jpg

試しに一度外側(横浜側)に投げてみると、いきなり強烈なアタリ。

これもカレイではなさそうだが、慎重に寄せてくる。

が、またもや足元でハリス切れ…

ハァ(;´Д`)

そのあと少し外側で粘るがアタリは皆無。

根掛りもキツイので内側に戻る。

しかし満潮を迎え、潮が動かなくなりエサ取りまで消え去る

潮が動き始める所でワンチャンスあると信じて粘る。

で下げ潮が効き始める。

すると入れ食いに突入…

ヒトデが。

DSC_0414_convert_20131128163717.jpg


どっから湧いてきたのか、本当に入れ食い。

5分も放置すれば掛かる。

ヒトデを避けようと細かくサビけばフグにハリスを切られる。

すでに折れかけている俺の心に止めを挿すには十分すぎる攻撃。

というか完全にオーバーキル。

人襲ったクマを殺すのに空爆して山ごと更地にするようなもんだよォ。

完全にやる気も失せたので、竿を1本に減らして適当に投げておく。

その間も相変わらずのヒトデラッシュ。

一投一匹で、時々二匹。

14時を回り完全にボウズを覚悟。

軽く鬱になりつつ、またもやズッシリとしている仕掛けを回収。

? なんか引いてね??

DSC_0416_convert_20131128153316.jpg


 ( ;∀;) やったよ、ぼくやったよ

まあサイズはあれなんですが、よかったぁ。

野島渡ってボウズはシャレにならないからなぁ。

急遽3本に戻しラスト一時間を粘るも、これ以降アタリは得られず終了。

3時半の船で帰宅。

DSC_0417_convert_20131128153330.jpg


なんとか意地の一枚は釣ったものの、今年のカレイは絶不調。

もうそろそろ食い渋る頃だし、ハズレ年だったのかなぁ。

ただ釣れたカレイは腹パンでした(^O^)/

DSC_0418_convert_20131128153345.jpg

釣果
・カレイ
・チャリコ
・その他外道の方々


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


ちなみに行こうか悩んでいた川崎新堤ですが
爆釣したらしいです。
本当にツイてないなぁ。





水江町   久しぶりに夜釣り


11月13日

若潮   干潮20:20


ふとアナゴが食いたくなり夜釣りへ。

潮周りはサイテーだが、まあ所詮アナゴだしとなめくさりながら水江に。

19時過ぎに到着し、早速チョイ投げを突堤先端から2本投入。

DSC_0382_convert_20131118035050.jpg


以前はアナゴも投げ釣りで狙っていたが、最近ではもっぱら手軽なチョイ投げばかり。

アナゴなら釣果は堅いと思っていたが、やはりソコリ付近のせいか反応は渋い。

というか無い。

21時を回り潮が少し動き出すがアタリは遠い。

帰ろうかと考えていると竿先に待望のアタリ。

DSC_0381_convert_20131118034946.jpg



iyamaane.jpg

お前じゃねぇ

で22時半頃、ラストの一投。

片づけをしていると突然竿尻が跳ね上がる大アタリ。

寄せてくるが、足元でハリス切れ。

まあ正体は十中八九フッコでしょう。

結局、アナゴは釣れずに終了。


釣果
・イシモチ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

アナゴのてんぷらが食いたい

野島沖堤  ドック堤



11月1日   

中潮   干潮09:17   満潮15:10


前回の予告通りカレイ釣りの聖地、野島沖堤へ。

7時に村本海事に到着し、出船の時間を待つ。

DSC_0348_convert_20131106173737.jpg

8時に出船。

久しぶりに村本海事の船に乗ったのだが、 遅ッ

最近は山本の船に慣れていたからかもしれないが、もどかしくなる位遅い。

で、ようやくドック到着。

先端の角のベストポイントは取られたため手前に入る。

DSC_0355_convert_20131106173846.jpg

風は多少強いが、釣りにならない程ではない。

ちゃっちゃと用意をして第一投。

オモリと一緒にサーフリーダーの穂先が飛んでいく。

DSC_0349_convert_20131106173755.jpg

嘘…だろ?

ちくしょう…!! ちくしょおおおーっ!!


なんて言ってる場合ではない。

とりあえずこの竿の事は後回しにし、他の2本を投入。

でサーフリーダーの損傷具合をチェック。

よーく見てみると竿先が折れたワケではなく、トップガイドが抜けたらしい。

直せないかといじっている、隣の人がカレイを連発。

俺の竿にもアタリが出ている。

が、

DSC_0350_convert_20131106173812.jpg

キュウセンと

IMG_20131105_221111_convert_20131106174142.jpg

チャリコ。

エサ取りはかなり元気でエサはあっという間にズタボロ。

その後もエサ取りに餌付けをする時間が続く。

DSC_0356_convert_20131106173905.jpg

こいつもこの時期の定番外道、トラギス。

DSC_0352_convert_20131106173831.jpg

6本足のヒトデだ、やったよわーいってSERNはSE(ry

あまりの釣れなさについに壊れ始める(;´・ω・)

渡船前は4,5枚は釣れるだろうと余裕だったのが懐かしい。

と突然竿がひったくられる様な大アタリ

慌ててアワセを入れて巻いてくる。

この引きと重量感は間違いない 、突然フッと重量感が消える。

ばれちゃった/(^O^)\

もう嫌とちょっとガチでへこんでいると、ジッというかすかなドラグ音。

でようやく今季の初カレイ。

20131105_221142_convert_20131106173702.jpg

サイズは31と微妙だけど、やっぱり嬉しい( ;∀;)

しばらくして再び小さなアタリ。

IMG_20131105_221228_convert_20131106174156.jpg

26㌢とさらにサイズダウンしたものの2枚目。

これは、ついに俺のターンかと期待するもこれっきり。

潮流がかなり早くなり、非常に釣り辛い。

昼頃にほんのちょっぴり嬉しい外道のイイダコとシロギスが。

DSC_0359_convert_20131106173946.jpg

DSC_0363_convert_20131106225357.jpg


昼を過ぎるとアタリもめっきり無くなり、暇な時間が流れる。

遠くを海自?米軍?の艦船が通るがドックでは距離がありすぎて種類がわからない。

DSC_0366_convert_20131106174100.jpg

これはドック堤の大きな弱点だなぁ。

で1時半頃、河川の様に流れていた潮流が緩む。

これは来そうだなとエサを節約モードからタップリに変えて投入。

しばらくするとジッというドラグ音。

マジか!? まさかの予想的中?



DSC_0361_convert_20131106174006.jpg

……


P8Pzk5U.jpg


なんかありました?(すっとぼけ)

まあそんなどーでも良い茶番は置いておくとして、ここからは外道のラッシュ。

チャリコが鬱陶しいくらい掛かってくる。

DSC_0365_convert_20131106174043.jpg

しかも20㌢前後くらいのサイズなのでいっちょ前にドラグを鳴らす。

まあ微妙にジッ、ジッくらいなのだが、ドラグが鳴ると否が応にも期待してしまうんだよ(^_^;)

しかしその後も本命のアタリは無く時間的にもラスト一投。

特に期待もせずに片づけをしつつ待っていると、ジーというドラグ音。

「はいはい、フグ乙フグ乙」と無視していると隣の人のドラグもジッと鳴る。

フグの群れでも回ってきちゃったかと?隣の人が巻き上げいるのを見ていると、上がってきたのはカレイ。

マジでっ!?と慌てて俺も巻き上げ。


DSC_0364_convert_20131106174024.jpg根拠なき希望は単なる妄想。


撤退


というワケでなんとも微妙な釣果で終了した野島沖堤でした。

秋の乗っ込みシーズンの内にもう何度か野島には来たいな。

ただ今日釣ったカレイ、抱卵こそしていたもののまだ薄かったですね。

やっぱり少し遅れ気味なのかな。

この調子だと11月中旬~終わり位にピークを迎える感じなんですかね?

まあカレイは今後に期待です。

ちなみにサーフリーダはなんとか修理可能。

最悪の事態は回避できたものの、投げタックルの老朽化が酷いなぁ。

シーバスやエギングは色々買ったのに、投げの新戦力は0だからなぁ。

例えるなら海軍がイージス艦、陸軍がM1A2を主力に使ってるのに空軍だけMiG-19を使ってる様なもんだよ。(違う)

まあそのうち投げタックルも色々と買うかな。

DSC_0369_convert_20131106174118.jpg

釣果
・カレイ×2
・チャリコ×6
・イイダコ
・シロギス
・その他外道の皆さん


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


カレイ入りカレーを作るというのを思いつきましたが、無しで。

うみかぜ公園  カレイ


10月31日

中潮   干潮08:59


10月最後の釣行。

ラストは最近ようやく釣れ始めたカレイ。

少し寝坊し、6時半頃うみかぜ公園到着。

ベストポイントは当然埋まっているので適当な場所に入り、3本を遠近に投入。

DSC_0340_convert_20131104001225.jpg

空が高い秋晴れの日。

DSC_0343_convert_20131104001307.jpg

しかし、まだ海の中は元気でエサ取りが活発。

青イソがすぐにズタボロにされてしまう。

しかも目の前に根が張り出しているようで、回収時にかなり仕掛けを取られる。

周りもイマイチのようでカレイは突堤と住宅展示場の前のベストポイントで数枚確認したのみ。

エサ取りはちょこちょこと釣れる。

トラギス

DSC_0344_convert_20131104001325.jpg


メゴチ

DSC_0346_convert_20131104001343.jpg


結局本命のアタリは出ずにタイムリミットの13時。

で今日の二つ目の目的。

なぜ三春町ではなく相性の悪いうみかぜ公園に来たかというと目的は上州屋の横須賀店。

ここは他の店に比べやたらと青イソが安く、100㌘500円の破格。

明日野島沖堤を予定しているため、青イソを大量に購入予定。

で行ってみると値上げΣ(゚Д゚)

100㌘が750円になっている…

いや、ここ最近イソメの値段が軒並み上昇していたので、値上がりは予想していたのだが。


いくらなんでも上がりすぎだろ、jk。


もうしょうがないので岩イソだけ買ってこうと思ったら、岩イソも売り切れだと(ToT)

今日来た意味0じゃん。

とりあえず青イソは当分勇竿のお世話になりそう。

では次回は野島沖堤のカレイをお送りしますヽ(^。^)ノ^^^^^

釣果
・トラギス
・メゴチ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


カレイ釣りは金が馬鹿みたいに飛ぶなぁ

津久井浜   シロギス

10月19日

大潮   満潮04:57


良い潮周り。

シーバスを予定していたが、直前に気変わりして落ち鱚狙いへ。

以前落ち鱚狙いで良い思いをした事のある津久井浜へ。

風がかなり強いという予報だが、あまり気にせず出発。

06:30 到着。

DSC_0311_convert_20131021014126.jpg

波は穏やか、しかし風はかなり強い。

しかも真横から(+_+)

DSC_0312_convert_20131021014144.jpg

チロリを付けて第一投。

いきなり根掛り(-"-)

軽く煽ったら プチッ

なんでだΣ(゚Д゚)?

いきなり力糸からロスト。

PEの力糸は高ェんだよぉぉ。

津久井浜は久しぶり過ぎて根の位置もサッパリ覚えていないので、力糸をナイロンに変更。

根を確かめつつサビいてくると。

DSC_0313_convert_20131021014204.jpg

ピンコロが付いていた(^-^;

アタリは全く分からず。

少しして今度はアタリが伝わる。

DSC_0314_convert_20131021014220.jpg

ちょっと良いサイズのメゴチ。

嬉しくない('Д')

風で砂が巻き上げられ被りまくる。

想像以上に寒く、集中力もドンドン無くなっていく。

時折釣れるが、すべてピン。

アタリも取れず楽しくない(^_^;)

そんな中ちょっと良いアタリ。

DSC_0316_convert_20131021014258.jpg

下のがデカイのではなく、上のがかなりのマイクロサイズ。

しかし18㌢と今日初のまともなサイズ。

ここから巻き返しといきたい所だが、再びアタリは途絶える。

風も更に強くなり、正直もう帰りたい。

開始から2時間弱。

ギブアップ(T_T)/^^^^

ラスト一投を投入しエサを海にぶちまける。

でサビいてくると良いアタリΣ(゚Д゚)

DSC_0318_convert_20131021014337.jpg

18㌢と19㌢が連で来る。

なぜここで!?

エサを全部捨てた事を全力で後悔しつつ終了。

必然。後日リベンジ。

IMG_20131020_073109_convert_20131021014353.jpg

釣果
・シロギス×8
・メゴチ
・ハゼ×2


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


ちなみに前日行く予定だった東扇島は寝坊しましたとさ。

三春町   今季最初のカレイ狙い


10月12日

小潮   満潮11:35


久しぶりの投げ釣り。

おかしいなぁ(・・? 投げ釣りメインのブログのはずなのに釣行回数がエギングにすら負けそう。

とりあえず今季最初のカレイ。

まあまだ上がった情報がチラホラ聞こえる程度なので、期待は薄め。

6時過ぎに到着。

とりあえず鳥が凄い。

しかもナブラがチラホラ。

まあ今日は投げなのであまり気にしないようにしていつもの場所へ。

3本を遠近に投げ分けてのんびり竿先を眺めていると目の前で凄い鳥山Σ(゚Д゚)

DSC_0257_convert_20131014221037.jpg

ボイルもちょこちょこと出る。

角を持ってきておけばよかったと激しく後悔。

まった~りとした時間が流れる。

まあ言い換えるならヒマ

DSC_0261_convert_20131014221136.jpg

まだ水温も高いせいか、エサ取りもかなりうっとおしい。

外道1  イトヒキハゼ

DSC_0259_convert_20131014221057.jpg

外道2  エソ

DSC_0263_convert_20131014221153.jpg

外道3  

DSC_0260_convert_20131014221115.jpg

………

期待していた満潮前後も何も起こらず13:00納竿。

まだちょっと早すぎたかな。

釣果
・イトヒキハゼ
・エソ


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

とりあえず早くカレイ上げたいな






東扇島   弓角

9月12日

小潮   満潮09:52


どうも、先日自転車がパンクし、直しに行った帰り道にもう一方のタイヤがパンクしたSERNです。

今日は最近チラホラと上がり始めたという青モノを狙いに東扇島へ。

日の出と同時に到着しピンクの角でキャスト開始。

DSC_0180_convert_20130916080433.jpg

綺麗な朝焼け。

で1時間ほどキャストを繰り返すが全くアタリ無し(^-^;

まあまだ少し早かったかなと思っていると何かヒット。

引きが弱いので青アジかなと思ったが正体はセイゴ。

しかも抜き上げの際にバラしたため写真も撮れず(^_^;)

でその後しばらくして鼻血が出るΣ(゚Д゚)

ティッシュもタオルもなかったので海に垂れ流しながら止まるのを待つ。

まあしばらくして止まったがやる気も失せて今日は終了。

これで更新というのも少し寂しいので今回は豆知識?で鼻血の正しい止め方でも。

まず鼻血が出たら下を向きます。

上を向いたり仰向けになるのは血液が喉の方に行ってしまうので止めましょう。

で目頭にある鼻の付け根の骨の辺りを圧迫止血すれば割とすぐに止まります。

いつまでたっても血が止まらない場合は面倒くさがらず病院に行きましょう。

あと首の後ろのうなじの辺りを叩くと鼻血が止まるというの全く根拠が無いのでやらない方がいいです。

とまあこのぐらいですかね(^-^;

次回は今度こそ青モノを。

DSC_0181_convert_20130916080453.jpg

夜釣りよ今夜もありがとう  片瀬一泊

8月16〜17日

長潮〜若潮   満潮00:20


というわけで境川河口(片瀬川)へ夜釣り。

さすがに夜通しを一人でやるのは抵抗があったので尻渡を連れ出撃。

ターゲットは本命にクロダイ・キビレ、サブでウナギ&シタビラメを狙う。

思ったより早く5時過ぎには到着。

まだ明るいので用意だけしてのんびりと日暮れを待つ。

DSC_0098_convert_20130822004117.jpg

待ちきれず一本だけ投げ入れるとヒイラギ地獄(^^;)

DSC_0100_convert_20130822030835.jpg

大人しく日暮れを待つ。

ちなみに周りは海水浴帰りのリア充だらけ。

クラスター爆弾っていくら位するのだろうか?

とまあ99%本気な冗談はさておき日没。

DSC_0099_convert_20130822004134.jpg

ユムシと青イソをつけキャスト開始。

まずはクロサギ、セイゴ、ヒイラギ、ゴンズイなどの外道が出迎える"(-""-)"

DSC_0101_convert_20130822004149.jpg

DSC_0103_convert_20130822004207.jpg

本命のアタリは全くない。

まあしかし時間はたっぷりある。

本命のどれか位は釣れるだろうと余裕綽々で待つ。

12時を回り日付が変わると外道のアタリも無くなる。

2時を回り焦り出す。

3時を回り尻渡が無口になりだす。

そんな中久しぶりのアタリ。

IMG_20130822_004407_convert_20130822004623.jpg

20㌢程のシロギス。

こんな渋い状況だと結構嬉しい(^-^;

4時、薄っすらと明け出す。

DSC_0106_convert_20130822004254.jpg

待て。

待ってくれ。

DSC_0108_convert_20130822004527.jpg


夜明け


c879aa2e.jpg

オワタ/(^O^)\

最後の最後に慰めるように30㌢弱のマゴチが来て終了。

DSC_0107_convert_20130822004504.jpg

余裕ブッこいてた昨日の10時頃が懐かしい(;_;)


DSC_0109_convert_20130822004542.jpg

釣果
・クロサギ×3
・セイゴ×2
・マゴチ
・ゴンズイ×2
・シロギス
・ヒイラギ×(^o^)

つれねぇなオイ

東扇島  グダグダ釣行

8月6日

大潮   満潮04:16


今日は尻渡と大黒へマゴチ狙い。

あ、ちなみに本人の希望によりアングラー(笑)から尻渡に戻しました。

急遽決まったためハゼを確保出来なかったので、買いに早朝から空いてる釣り具屋へ。

しかし、昨日はハゼが入らなかったらしく売り切れ。

結局青イソを買い5時半過ぎ東扇島に到着。

一投目、5色からサビいてくると1色を切ったトコでアタリ。

DSC_0082_convert_20130807154624.jpg

16㌢の本命。

これは期待できそうだと、二投目をキャスト。

…45分程経過。

全くアタリが無い(;´Д`)

尻渡も全くダメらしい。

そんな中根掛りし力糸からロスト。

前回はここで終了したが今日はもう少し続ける。

力糸を変えようと探すが無い。

……忘れたZE\(^o^)/

尻渡ももうやめようと言うので終了。

またちょっとハゼ釣ってきます($・・)/~~~

釣果
・シロギス


結局翌日のマゴチも行けなくなりこれで終了。
グダグダ過ぎる釣行でした。


国府津海岸  サフトロ

8月4日

中潮   満潮02:21


サーフトローリング、略してサフトロへ。

今回は少しだけ遠出し国府津海岸へ。

早朝、というか深夜2時半に家を出て4時過ぎ頃国府津到着。

一睡もできていないのですでに眠い(^-^;

海岸に出るとまだ薄暗いにも関わらず凄い人。

しかし混んでるということは青モノは好調なのかな?

間に入れてもらいピンクの角でキャスト開始。
DSC_0072_convert_20130805105413.jpg

風もなく波も穏やか。

やや潮が澄み過ぎな気もするが、悪くはない条件。

投げ始めて少ししてヒット(^o^)

しかし、波打ち際でバラス。

また、少ししてヒット。

今度はしっかり浜に上げる。

25㌢のワカシ(*^^)v
IMG_20130804_122415_convert_20130805105225.jpg

一応これが今日の本命。

これは期待出来そうかと思ったのも束の間、アタリは霧散する"(-""-)"

左隣のジギンガーはちょこちょこと上げているが、全体的にイマイチ。

その後も時折ソウダやワカシ、ペンペンシイラなんかが上がるも俺には全く無反応。

角の色も青やレッドヘッドなんかに変えて投げるが反応はない。

折れそうな心を奮い立たせどこぞの第7位並の根性で投げ続ける。

すると目の前でペンペンシイラのボイル?が発生。

慌てて投げるが、大☆暴☆投/(^O^)\ナンテコッタイ

日も完全に昇り周りでもサッパリ上がらなくなった6時半、突然ヒット
20130804_122447_convert_20130805105323.jpg

26㌢の本命。

割と立て続けにヒット。

跳ね回る独特のファイト。

30㌢弱のペンペンシイラ。

DSC_0077_convert_20130805105738.jpg

その後7時半まで粘るもアタリも無くなり周りも完全に上がらなくなり終了。

釣果は微妙だが久しぶりのサーフで存分に投げられたので満足(^o^)

DSC_0079_convert_20130805110037.jpg
釣果
・ワカシ×2
・シイラ


考えないようにしてたんですが、1時から仕事なんです。
しかも10時まで。うん、頑張ろう。


東扇島 久しぶりの投げ

7月29日 

小潮   満潮09:48


今更ですが、このブログのメインは投げ釣りです。

ルアーばっかりやってますが、メインは投げなんです。

異論は認めません。

というワケで久しぶりに投げ釣り。

チロリを20㌘程買い早朝から東扇島へ。

5時に到着。

DSC_0062_convert_20130731235102.jpg

さっそく投げ始めるが全くアタリ無し。

30分ほど経過し釣れたのはヒイラギ一匹。

隣の人はマゴチを二本上げる。

心は大分マゴチの向かう。

夕方に用事があるので、明日行くとしたら昼頃までにハゼを確保しなければならない。

もう切り上げてハゼ釣りに行くか、上げ止まりまでは粘るかと悩みつつサビいていると根掛り。

で力糸からロスト(-""-)

ちょっとハゼ釣ってくるわ~~~ヽ(*_*;

まさかチロリでハゼを狙う日が来るとは(゜.゜)

釣果
・ヒイラギ

大川緑道公園  

7月7日

大潮   満潮03:39


冷蔵庫の中にかなり前の青イソの残りを発見(^^;)

恐る恐る中を確認。

半分以上は死んでいるが若干生き残りもいる。

捨てるのも勿体無いのでチョイ投げへ。

しかし当日は強い南風の予報。

チョイ投げならばいつもは水江町か末広。

しかしこの二つはどちらも南向きの釣り場で南風には弱い。

というわけで川崎エリアでは貴重な南風を背にできる大川へ。

ここに来るのは約一年半ぶり。

以前はよくシーバスやアナゴを狙いに来ていたのだが、最近はめっきり来なくなっていた。
DSC_0035_convert_20130710190726.jpg

05:20に到着

先行者にはルアーマンが数人とチョイ投げの方が数人。

ちゃっちゃと用意を済ませ投入。

4号のオモリに2本バリの割とテキトーな仕掛け。
digu_convert_20130710194746.jpg

まずはゆっくりサビくが反応はダボハゼのみ。

6時を回った頃ようやくシロギスが来る。

しかしサイズは・・・
DSC_0039_convert_20130710191111.jpg

少し沖目に投げ置き竿にしていると竿が引きずり込まれるような大アタリ(゚д゚)!

何かと思ったら20㌢後半のイシモチ。
DSC_0038_convert_20130710191046.jpg

チョイ投げだと凄いファイトを見せてくれる(^o^)

その後も同じパターンでイシモチがちょこちょこと釣れてくる。

しかし、本命のシロギスはサッパリでピンコロを一匹追加するに留まる。

梅雨明けもし炎天下の日差しの中続けるが7時半頃、限界を迎えギブアップ。

本命のシロギスはサッパリだったがイシモチの引きは面白かったし結果オーライかな(^^;)

20130710_191654_convert_20130710191845.jpg
釣果
・イシモチ×5
・シロギス×2
・ダボ×3

東扇島西公園 シロギス

6月18日

長潮   満潮13:37


せっかくの平日休みなのだがサイテーの潮回り。

まあしかし家でダラダラしててもしょうがないので東扇島へ。

5時過ぎに到着し真ん中の辺りに入る。

デルナーの27号に5本針でエサはチロリと青イソを交互に付けキャスト。

軽いアゲインストの中5色半投げてサビくと直ぐに小気味良いアタリで17㌢が上がって来る。
DSC_0009_convert_20130618185911.jpg

二投目も同じ様なサイズが来る。

三投目以降も一投一匹来るのだがまるで秋の様なピンサイズばかり。

今年は本当にピンが多い気がする。

ちなみにアタリが有るのはほとんど4色半以上で4色を切ると全くアタらない。

ソコリを過ぎ上げ始めると少し群れが寄ったのか5色のとこで良型が連発。
DSC_0011_convert_20130618190133.jpg

珍しいゲストも登場、
DSC_0012_convert_20130618185616.jpg
ホウボウ

こんな湾奥まで入ってくるものなんだな(゜.゜)

あと、この時期ちょいちょい掛かってくるマイクロカレイ。
DSC_0014_convert_20130618224958.jpg

外道も含め食ってくるのはほとんどチロリ。

青イソの方は反応が悪い。

9時頃まで粘りチロリが無くなったので終了。

キープは23匹、リリースが10匹前後いるので合計30チョイ。

アタリも多く久しぶりに投げ釣りを満喫しました(^O^)/
20130618_231246_convert_20130618231353.jpg
釣果
シロギス×30とちょっと
ホウボウ
カレイ
メゴチ


東扇島まったり夜釣り

6月16日

小潮    満潮23:01


先日の釣行で使った青イソが少し残っていたので夕方からアナゴでもと東扇島へ。

一時間ほど自転車を漕ぎ18:50に到着。

テキトーに手前の方に入り2本投入。
DSC_0005_convert_20130617030251.jpg




7時を回りようやく暗くなってくる。

竿先に集中しアタリを待つ。

30分経過

8時前だがまだ少し薄明るい。
DSC_0006_convert_20130617030643.jpg


時折ヒトデが来るだけでアタリのアの字もない(-""-)

さらに2時間経過・・・

特に何も起こらない。

11時を迎えエサが無くなり終了。

いきなりのボウズスタートでした。ヽ(^。^)ノ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)