FC2ブログ

川崎新堤   孤海の底

1月24日

中潮    満潮07:40   干潮13:34




ども、安定の週1更新、SERNです。

2月になればもうちょいハイペースで更新できるかと思います…

ってなわけで今回も川崎新堤。

昨日は4人渡って3人ホゲという悲惨な状況だったみたですが、雨での濁りを期待しつつ向かう。

船宿に到着するも、いやに人が少ない。

船宿側からは自分1人、駐車場側からはへチ師の方が1名と、計2人で出船。

ルアーマンは自分1人っきり。

平日で4人とかは今までもありましたが、2人というのは初めて。

それも土曜なのに…

やや風の強い予報に加えて、最近の絶不調の影響ですかね。

あとは明日の本牧の大会もあるのかな?

本牧の大会出たかったなぁ…

そんなこんなで貸し切りの新堤に到着。

当然、まだ真っ暗。

DSC_1136_convert_20150125105119.jpg

今日は気分を変えて6番に上陸。

冬場のこっち側も色々勉強したいところ。

まぁしかし、暗いうちは多分釣れない。

では暗いうちの暇つぶしpart3、カサゴを本気で狙おうのコーナーです。

ラバージグに3インチのワームを付け、本気でカサゴを狙っていきます。

思ったよりも強い風に心を折られそうになりながらの1フォール目にヒット。

IMG_20150124_173046_convert_20150125105309.jpg

25㌢ほどの良型。

続いてはリフト&フォールにヒット。

IMG_20150124_173035_convert_20150125105244.jpg

見た目も名前もカサカサしてて、さわったらいてぇ。

意外と面白いなこの釣り。

(※一応新堤で1月はカサゴの禁漁期間なので強制ではないですが、リリースしましょう!)

しかし、薄っすら明けてくると、カサゴのアタリは沈黙。

6時少し回った辺りで、本題のシーバス狙いにチェンジ。

まずはビックバッカー。

しかし、かなり上げが効いていて、その上風も強い。

さらに1番に比べて水深もあり、ノーマルではやり辛い。

3投ほどしてビックバッカーHWにチェンジ。

これでも結構ボトムから浮き気味に引いてしまう。

普段なら基礎前で1回だけ入れるフォールですが、今日はその途中にもフォールを入れる。

最初のフォールも含めて計3度フォールを入れ、徹底的にボトム狙い。

どうにもアタリは遠いが、ちょこちょこ移動しながら粘る。

ルアーが手前まで来てピックアップの軌道に入った瞬間にバチコン

ちょっと良いサイズ、ここ最近味わえていなかった楽しいファイト。

流れにも乗ってグングン走る。

ゆっくり寄せてキャッチ。

IMG_20150124_173022_convert_20150125105227.jpg

かなり元気だったロクハチ。

久しぶりに満足させてくれるファイトでした。

さらにその直後、手前でのフォールにヒット。

が、ほぼ引かない。 

ビックバッカーが絡んだ時の様な感触だが、一応生命感はある。

IMG_20150124_173008_convert_20150125105206.jpg

ん?



登場時期を半年くらい間違えているイシモチをリリースして再開。

こっからはいつものパターン。

が、これ以降はサッパリ。

シーバスは完全に単発で終了してしまい、バイトすらない時間に突入。

長八の便も到着。

長八の便で上陸された方の一人から声を掛けられる。

「SERNさんですよね?」。

おぅ、また気が付かれたΣ(゚Д゚)

なんか最近やたらと気づかれるなぁ。

これがモテキか?モテキなのか?(※違います

下げ潮が効き始めますが、状況は変わらず。

5番までをうろちょろするものの、本当にどうして全くアタリは無く10時過ぎ。

ブレードや鉄板でいくらネチネチやってもダメそうなので、ジグでのリアクション狙い。

30メートルほど軽くキャストし、ティップをちょんちょんと弾いて小さくダートさせる。

時折フォールも交えつつやっていると、妙な感触。

シャクリの瞬間に時折わずかな重さを一瞬感じることがある。

ショートバイト?それともテーリングしているだけ?、それすら判別できないわずかな感触。

集中していないと見逃しそうな感触ですが、バイトと信じて続行。

すると、ドン!

DSC_1142_convert_20150125105138.jpg

よーしよし、これは自分を褒めてあげたい1本。

ゴーゴーでしたが、流れがあるので良く引いてくれる。

この後もショートバイトは有るものの、ヒットには至らず時間切れ。

釣果は相変わらずのシブさでしたが、色々収穫もあって満足な釣行でした。

しかし、この時期は1番のイメージでしたが、6番でも遜色なく釣れるのかなぁ?

それともタイミング的な偶然?

理解し始めていたつもりの新堤がどんどんわからなくなる今日この頃です。





釣果
・シーバス×2
・カサゴ×2
食べる物とか、時期とか色々間違えているイシモチ






250本まであと242本
(except沖堤×0)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

今月まだ8本か…
もっと釣ってるかと思ってたぜぃ。

ランディングシャフトあれこれ

ども、親戚一同の前で酔っぱらってぼっちネタを披露したSERNです。

前回すっかり書き忘れていたんですが、実はランディングシャフトが新しくなっていました。

というのも、今まで使っていたDAIKOのランディングシャフトが四日市遠征の際に小破。

使えない程の破損ではなかったので、だましだまし使っていました。

が、この状況で使い続けて折りでもしたらあまりにバカらしい。

というワケで、大事を取って一度ドック入り。

必然、修理から帰って来るまでの代わりが必要。

なので、繋ぎ&予備として、ダイワのランディングポールⅡを購入。

せっかくなので、今まで使って来たシャフト達のインプレ(ほぼただの感想)を書いていこうかと。

よろしければ、お付き合いください。


初代


DSC_1136_convert_20150119192251.jpg


PRO MARINE ビビッド磯玉540

・全長: 5.4m
・継数: 5本
・自重: 538g
・価格: 2000円くらい(フレームと網含めて)


このインプレはいるのか…?

まぁ、一応初代に使っていたタモなので、書いていきます。

性能は値段通りと言った感じ。

小継ではないので、移動の多い沖堤では不便ですが、釣り設などでは使えなくもない。

意外と丈夫で、未だに現役。

シーバスで使うことは無いですが、カレイなどをメインに活躍中、まぁ悪くは無いタモ。

値段相応、釣り設などでシーバスにチャレンジしてみたい方にはオススメ?です。


2代目


DSC_0218.jpg


PROX ホルダーアームSE 600

・全長: 6M
・仕舞寸法: 69cm
・継数: 11本
・自重: 557g
・値段: 7500円くらい


新堤でもたまに見かける、このシャフト。

結構ボロクソ言っているので、愛用者の方は飛ばしてください…

新堤に渡るにあたって、始めて購入した小継のタモ。

正直に言ってしまうと、全くオススメ出来ない

まず操作性ですが、これは悪くない。

値段を考えたら、むしろ良い方かもしれない。

が、このシャフトは初期不良の発生率が非常に高い。

自分の場合、先端のネジが異常に緩く、締め込んでいてもすぐにフレームが緩んでしまう。

挙句の果てには先端のボルト部分が抜け落ちるという、ありえない不良品。

これのせいで、2度ほどinoを失くしかけました。

同様の事が結構起きているらしく、inoなど高いフレームを使う場合は注意が必要です。

というか、使わない方が良いです。

これはこのシャフトの売りでもあるんですが、値段からすると驚きの軽さで、カーボン含有率も99%と高い。

そのためなのか、非常に耐久力に欠けます。

自分の場合はやや強引にランディングした結果折れたのでなんとも言えません。

しかし、尻渡の場合に至っては10匹ちょいのランディング。

それも、特に強引にいった訳でもないのに、普通に折れました。

以上の点から、正直このシャフトを買うくらいなら、もう1ランク上を買った方が良いかと…

自分にとっては、安物買いの銭失いというのを、身に沁みさせてくれた1本でした。


3代目


img6233shhs.jpg


DAIKO ランディングシャフト DBLLS600

・全長: 6M
・仕舞寸法: 76.5cm
・継数: 10本
・自重: 535g
・値段: 18000円くらい(ホルダーは別売り)


3代目として購入、その後1年使い込んだシャフト。

これはもう文句なしで良いシャフトです。

操作性も非常に良く、自重も軽めで耐久性も十分。

値段はちょっと高めですが、性能面から見れば安いくらいだと思います。

今回の故障でドック入りしてしまいましたが、完全に自分のミスなので…

ダイコーが釣り事業から撤退してしまったので、今後手に入りにくくなるとは思いますが、文句なしにオススメ出来る1本です。

早く修理から帰ってこないかなぁ。


3.5代目


IMG_20150120_233336_convert_20150120234016.jpg



Daiwa ランディングポールⅡ

・全長: 6.04M
・仕舞寸法: 81.0cm
・継数: 9本
・自重: 695g
・値段: 8000円くらい(ホルダーは別売り)


で、前回から繋ぎ&予備として導入したダイワのランディングポール。

まだ3本しかランディングしていませんが、とりあえず簡単にインプレ。

操作性は微妙、ホルダーアームと同じか、やや劣る程度といった所。

ダイコーのと比べてしまうと、非常に使い辛いと感じてしまう。

重さと仕舞寸法もやや気になる所。

仕舞い寸法は、背中に掛ける場合はホルダーの位置で調節すれば、ほぼ問題なし。

腰に掛ける場合なんかはちょっと気になるかもしれません。

次に重さについて。

背負っている時は気になりませんが、ランディング時はちょっとやり辛い。

この辺は慣れれば気にならなくなるのかな?

まぁ、良くも悪くも値段相応といったところ。

耐久性についてはまだ何とも言えませんが、作りはしっかりしているので大丈夫そうかなぁ。

けっして悪くはないシャフトなんですが、先代が有能過ぎた…




以上、歴代シャフト達のインプレでした。

最初のヤツのインプレは絶対いらなかったな…

この素人感溢れるインプレが少しでも役立てば幸いです。

ではこの辺で、寒い夜中に温かいコーヒーを飲みながら。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

次回もたぶん新堤です。

川崎新堤  微増

1月18日

中潮    満潮04:34   干潮09:51



ども、先日録り溜めしていた某アニメの最終回を見て、ガチ泣きしたSERNです。

まさか、マジで泣く事になるとは…

前半部分はボロクソ言ってたのに、後半が素晴らし過ぎる。

具体的に言うならry

まぁ、この話はどうでもいいや。

ってな訳で、今回も川崎新堤。

年明けからここしか来てねぇな。

1月は週一くらいでしか、行けそうにないので、2月から頑張ります…

今日は自転車で行くつもりだったんですが、結局直前でヘタレて車。

DSC_1131_convert_20150118185554.jpg

運動不足解消になるべく自転車で行きたいんですが、片道1時間は結構キツイ…

で、5時半頃に1番上陸。

昨日は新堤全体で0本という、ちょっとあれな状況だったらしいですが、今日はどうなのか。

先端周りは結構混雑、というわけで暗いうちはダメ元で際狙い。

トラビス7で際を狙いますが、釣れたのは定番のコイツだけ。

IMG_20150118_110843_convert_20150118185718.jpg

なーんで、この時期は暗いうちがサッパリダメなんでしょう?

6時過ぎ頃、ようやく薄っすらと明けてくる。

先端付近に戻り、キャスト開始。

先陣はいつも通りビックバッカーの赤金。

基礎を丁寧に引くと、バチコン

DSC_1133_convert_20150118185624.jpg

ゴーマル弱ながら、幸先良く1本目。

んでんで、まさかの連発。

が、エラ洗いでバラシ。

まだまだ一人時合い、一投を置いてさらにヒット。

DSC_1134_convert_20150118185643.jpg

ヨンゴーくらい。

潮も最近に比べて濁り気味、これはいけるか?

そんな希望的観測は全く当てにならず、あっという間に沈黙。

日の出直前、わずか15分程度の時合いでした。

その後は周りにポツポツ程度。

上げ潮が効き始めるが、相変わらず反応は遠い。

ランガンしようかな?と思った所で微妙な時合い到来。

周りでパラパラと上がるも、どうにも反応なし。

湾ベイトからPB30にチェンジしての一投目。

基礎フォールからの巻き初めにドン!と抑え込むようなバイト。

バイトの出方、タイミングからデカイかと思ったが、別段そんなこともなかった…

DSC_1135_convert_20150118185701.jpg

まぁ、若干サイズアップしてゴーゴーくらい。

これを最後に膠着状態に突入。

2,5番辺りまでを豆にランガンしていくものの、サッパリ反応なし。

で、このまま終了。

う~ん、相変わらずシブいですが、ホゲてないだけマシなのかなぁ。



釣果
・シーバス×3
・カサゴ




250本まであと244本
(except沖堤×0)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

1、2、3本と綺麗に来ているから、次は4かな?

川崎新堤  新たな縛り

1月10日

中潮    満潮08:14



今回も川崎新堤へ。

と、その前に一つ。

今年の目標を250本としましたが、これにちょろっと縛りを加えたいと思います。

まぁ、このブログを読んくださっている方のほとんどが思っているであろうこと。

「こいつ、新堤以外で全く釣れてなくない?」



そんな事は…

そんな…

もう否定のしようがありません。

新堤に限れば、このブログを始めた頃に比べて、かなり安定して釣れるようになってきた気はします。

が、他の場所、特にナイトゲーム全般は、このブログを始めた時のド素人から進歩なし。

というワケで、この250本に一つ縛りを。

250本のうち50本、これは沖堤以外で釣りたいと思います。

四国に自ら呼び込むスタイル、SERNです。

で、こっから本編。

今日も5時便で1番上陸。

と、船宿で声を掛けられる。

「SERNさんですよね?」

…?

「セイゴです、お久しぶりです」

おぉ、ブログにコメントなどは頂いていましたが、4か月ぶりに会うセイゴさん。

もちろん覚えていました!

決して一瞬誰だか分からなかったなんてことは、絶対にありません(念押し)

だから一瞬きょとんとしたのは、え~と… 感動からです!(苦しい言い訳)

6番に渡るセイゴさんと別れ、1番上陸。

風が予想以上に強く、結構寒い。

さぁこの暗い時間帯。

この時期捨ててしまっている人も多い、この時間。

ちょっと本気で狙っていきます。

シャッド系のワームに15グラムのヘッドを付けて、基礎のボトム付近をゆっくりじっくり。

数回のバイトの後にヒット。

IMG_20150110_164142_convert_20150111110418.jpg

20ちょいのカサゴ。

ですよね~…

東の空が明るんでくる。

DSC_1125_convert_20150111110253.jpg

ここからがちゃんす!タイム。

ビックバッカーで基礎をメインに狙いますが、今日は全くアタリ無し。

1番に渡った4人ほど、未だ釣果は無し。

7時過ぎ、先端角の人がようやく1本目。

が、先端角以外は特に異常なし。

角の人が2本目。

やっぱり今日も先端角が圧倒的パターンか…

ビックバッカーには1度バイトがあるも、反応は良くないので湾ベイトにチェンジ。

沖での巻き初めに1発バイト。

そのまま巻いてくると、バチコン

DSC_1126_convert_20150111110344.jpg

50弱。

テールフックのみのヒット、危ねぇ。

カラーを変えつつ、基礎狙い。

基礎を越えて浮上し初めにガツコン

DSC_1127_convert_20150111110356.jpg

またもやテールのみのヒットのゴーゴー。

ブレードにアタックするバイトが多く、ミスバイトもちょこちょこ。

湾ベイト、ノーマルでも普通に釣れますが、テールフックを付けた方が絶対に良いです。

このままポツポツ釣れ続くかな?という予想、~のサッパリという黄金コンビ。

すっかり沈黙してしまい、11時に撤退。

6番も良くなかったらしく、相変わらずシブい新堤でした。

まぁ、去年よりはマシかな。




釣果
・シーバス×2
・カサゴ



250本まであと247本
(except沖堤×0)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

1月中にとりあえず10本は釣りたいぜぃ。

川崎新堤  2015年開幕

1月3日

中潮    満潮04:18   干潮09:32



少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2015年のSERNでございます。

今年の最初は勿の論、川崎新堤。

四国へのカウントダウン、もとい250本へのカウントダウンがスタートです。

カギとなるのは1、2月。

去年はこの二月が悲惨過ぎた…

今年は年明けからガンガン釣っていきたいと思います。

というわけで、5時便で新堤上陸。

日の出までは際をリフト&フォールでクロダイ狙い、なんて馬鹿なことをやりますが、まぁ反応は無し。

さらに根掛りでリーダーからロスト。

真っ暗な中ノットを組み直しますが、まさかのライトが電池切れ。

寒さ&暗さで、全くリーダーが組めない。

日の出まで待機と先端に帰還。

先端で同じく日の出待機組にライトを貸していただき、なんとかノットも組める。

さあ仕切り直し、明るくなってきたのでBBを装備し、キャストを開始。

基礎前でフォール、巻き初めに1発バイト。

乗らなかったので、そのままリトリーブを続ける。

少し上昇し始めた所にガツコン

っん~乗らない…

まだ追ってるのを信じ、そのままゆっくりリトリーブ。

バチコン

IMG_20150104_142612_convert_20150104233341.jpg

ゴーマルくらいだが、幸先良く今年の1本目。

前日はかなりシブかったとのことですが、今日はいけるのか?



DSC_1122_convert_20150104233314.jpg

ふつくしい日の出。

だが、釣れない

ブレード、鉄板、ワーム、なにをやっても反応皆無。

1番方面は壊滅的な状況。

先端角の方が2本取っていたものの、それ以外の方はほぼ全員ホゲ。

シーバスが上がっているのを全く見ることも無く、終了…

日の出後は、もうホントに何もなし。

1番方面はほぼ全員ホゲ。

自分は奇跡的に1本とれたものの、あまりにもシブい新堤でした。

そういえば、尻渡も居ましたが、とくに何もなくホゲ。

ちょっとシブすぎんよぉ…



釣果
・シーバス×1




250本まであと249本




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ガンガン(1本)釣る。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)