FC2ブログ

東神奈川  プチ復活

4月21日

中潮     満潮19:13




ども、SERNです。

今回はプチ復活ということで、東神奈川でバチ釣査。

20、21日とバチには最高の潮回り、そして何より釣りに行ける。

ってことでかなり楽しみにしていたんですが、20日に爆風&大雨。

うん、なんかそんな気はしてた…

バチ抜けするとも思えませんでしたが、一応出撃。

まずはドブ川。





はい、次。

某コンビニ前。







しゅーりょー。

DSC_1339_convert_20150422074036.jpg

そりゃバチなんて居なかったよ。

まぁ、こんなもの…

あと、前回の記事。

こんな時だけ拍手伸び過ぎィ!

もう100%、食パンの魅力を書く気でいましたよ。

というかもう書いてましたよ。

いや、拍手あんだけ頂けて凄い嬉しいんですが、岸ジギVol3のネタがひとっつも浮かばない。

なんなら沈んだ。

というわけで、岸ジギVol3はもうしばしお待ちください…



250本まであと152本
(except沖堤× 14/50)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

岸ジギについてこんな事教えて欲しいということを募集中です。(答えられるとは言っていない)

岸ジギ 入門編Vol2  

ども、禁酒も今季8度目の成功をしたSERNです。

予告通り、今回は岸ジギ入門編Vol2。(Vol1

まずはジグに付けるスイベルやスプリットリングについて。

この辺は自分も割と最近になって知ったんですが、上記の二つはなるべく小さく。

DSC_1336_convert_20150415084545.jpg


こんな感じでセッティングしています。

スイベルのサイズは#8、スプリットリングは#2を使っています。

かなり小さいですが、強度的には全く問題ありません。

タックルの説明はここまでで、ここからは実践編。

ここまで書いてから分ければ良かったな…





基本

岸ジギの基本的なやり方ですが、一か所で投入するのは1回、多くても2回まででドンドン移動していきます。

例外的に、この時期の岸ジギでは先端周りで粘った方が良い思いを出来ることが多々あります。

これは後述するキャストでちょっと詳しく書きます。

バイトが出るのはフォールが8割方で、アップではたまに程度です。

しかし、アップで意識した魚がフォールで食ってくる事も多いので、ここを雑にやってしまうと釣れる魚は減ります。

例外的にアップでばかり食ってくる日もあるので、アップも非常に重要です。

ちなみに岸ジギでのフォールバイトは病みつきになります。




アクション

…なんですが、こちらは正直動画を見て貰った方が良いかと。

youtubeで岸ジギって検索すればいくらでもヒットしますし、コアマンのも基本を知るにはおススメです。

自分が言葉で説明するよりも、遥かに分かりやすいと思います。

いくつか付け足すとするなら、岸ジギというとひたすらロッドを振るイメージですが、タダ巻きでも案外釣れます。

シャクリに反応が出ない時はスローの巻き上げなんかも試してみましょう。




キャスト

当たり前ですが、岸ジギは岸壁の際を狙います。

ですが、例外的に岸ジギでのキャストが有効と言う局面があります。

特に冬~春の今の時期、シーバスはあまり際にベッタリとは着きません。

しかし、際付近を回遊している個体というのが数多くいます。

これを狙うのが、岸ジギでのキャストです。

とは言え、本気で遠投するわけでは無く、10~20㍍ほどアンダースローで投げるだけです。

キャストして着底したら、そこからは普通の岸ジギの様に足元までを縦に探ります。

これは足で探る岸ジギとは違い、先端で回遊を待った方が高確率です。

行ったわけではないので、ハッキリとは断言できませんが、現在新堤で爆釣を見せているのはこの釣り方です。




シーズン

釣り方は微妙な違いがあるとはいえ、1年中釣れます。

あと、水深が5メートルあれば岸ジギは出来ると言いますが、正直10メートルはあった方が色々とやりやすいです。




バラシ対策

岸ジギをやったことがある人は分かるかと思いますが、この釣りはホントにバラシが多発します。

冬場~今の時期はそうでも無いのですが、夏場のバラシラッシュはトラウマものです。

夏場にキャッチ率が5割を上回っていたら誇って良いと思います。

そう言うと夏は全然釣れなさそうな感じですが、その分バイトも多いです。

良い日に当たれば、二桁も簡単に越えます。

肝心のバラシ対策ですが、一応クラッチをレバーの様に使って、エラ洗いさせないなどがあります。

ですが、いくら頑張ってもバレるやつは普通にバレます。

この辺は割り切ることが大切かなぁと。

というか、バラシ対策については自分が教えてほしいくらいです…

あと、注意して欲しいのがハリ先です。

フォールのバイトがメインなので、ハリ先が鈍っていると途端にヒットしなくなります。

なるべく豆にチェックするようにしてください。

86-363636363.jpg




とりあえず、こんな所かなぁ。

自分もまだまだ岸ジギは勉強中なので、間違っている事もあるかもしれませんが…

不明な点などがあれば、コメントで頂ければお答えします。

21日までに「岸ジギ 入門編Vol1&2」合わせて拍手が10を越えたらVol3を書きます。

越えなかった場合は食パンの魅力について書きます。

ちなみに、Vol3の内容は今の所何一つ思いついてません。

ではまた次回、そろそろ復活するかも?




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

食パンの魅力についてはもう書き終わってます。(重要)

岸ジギ 入門編

ども、今年早くも12度目の禁煙に成功したSERNです。

自分が釣りに行けなくなった瞬間に新堤の釣果が爆発しましたね。

毎日トップは20本前後とかなんとか。

まぁしかしね、釣れているのは岸ジギ中心なので、どうしたって型は出ないわけです。

数より型が欲しい今の自分としては、そこまで悔しくない。

というかここで爆釣してしまうと、250本がヌルゲーになってしまうので、むしろ良かったかなと。

爆釣も面白いですが、やっぱり新堤の醍醐味はシブい中で如何に拾えるかだと思います。





そんな訳あるか、そんな訳あるか

なんでだ、なんてタイミングの悪さなんだ。

なぜこのタイミングで爆発したし。

1週間早くしろし。

シブいのが醍醐味?

あんなんただの苦行だわ。

あぁ~新堤行きたい、ふつーに爆釣したい。

型とかどうでも良いから、20本とか釣ってみたいぃぃぃ。

と、本音がでたところで今日の本題。

最近の岸ジギの爆釣もあってか、岸ジギでの検索でのヒットが多いんですね。

ということで、今回はこれから岸ジギを始めてみたいと言う人向けに、必要なものなんかを紹介していこうかと。

とりあえず、最初はタックル編。


ロッド

パッと思いつく限りではシマノのエクスセンス、アピアの風神R、アブのソルティーステージなんかがあります。

他にはバレーヒルなんかも出してますね。

新堤での人気としては風神R>ソルティー>その他 と言った印象。

最初の1本はアピアアブのを選べば問題ないかと。

人によってはバス竿を流用している人も居ます。

ただし、最初の1本を買う方は無難に岸ジギ専用のモデルを買うべきかと。





リール

わざわざ説明するまでも無いですが、この釣りではベイトリールを使用します。

こちらもそこまでこだわる必要は無く、最低限の性能さえあれば大丈夫です。

ドラグ性能さえしっかりしているなら、1万円程度のものでも大丈夫です。

ただし、気を付けなければいけないのは、「ハイギア」と「DC」これは避けて下さい。

ハイギアでも出来なくはないですし、普通に釣れますが、若干やり辛いです。

あとDC、これはフォールに少し影響してしまうらしく、こちらも避けた方が良いかと。

ここで、自分が岸ジギに使っているリールを紹介。

エクスセンスDC(ハイギア)

これには少しワケがあります。

少し難しいテクニックが要るんですが、DCブレーキを利用したフォールを行っています。

今普通に嘘つきました、普通に知識不足で買っただけです、そんなテクニックはありませ~ん。

大して調べもせずに買った結果、一番ダメなものをピンポイントで選びました。

自分の才能が怖い。

とは言え、これでも割と問題なく釣れちゃったりします。

正直、この釣りではタックルはそこまで重要じゃないのかもしれません。





ライン

PEでやっている方も稀に見かけますが、この釣りでは断然フロロをお勧めします。

標準は12lbで、自分は10lbをメインに使っています。

8lbまでなら使っても大丈夫かな?という感じ。

とりあえず、最初は12lbを巻いておけば良いかと。

結構高頻度で巻き替えるので、メーカーはそこまで拘らなくてオーケーです。

色々買ってみて、気に入ったのを使いましょう。





ジグ

さあ、肝心のジグですが、これは30㌘前後の物なら何でも釣れます。

メインで使うのは30㌘で、~40ぐらいまでを使います。

気に入ったジグを使ってもらって大丈夫なんですが、何を買っていいかわからない人のために幾つかオススメを。

コアマン CZ-30ゼッタイ 

もう言わずと知れた名ジグですね。

とりあえずジグに迷ったら、これを買っとけば大丈夫です。

これだけあれば十分と言う展開もかなり多いです。

フォローで持っておくなら、GJタラッサやオーシャンドミネーターなんかがおススメです。

カラーについてですが、メインで使うのはやはりシルバー系。

濁りが強い時や、朝マズメのローライトではゴールドといった感じです。

まぁ、これは基本的にはでしかないので、色々試すのも楽しさの一つかもしれません。

DSC_1335_convert_20150414204019.jpg

アシストフックですが、上の写真についているのはコアマンのこだわりMです。

自作するという手もありますし、自作した方が遥かに安上がりです。

慣れてきたら自作してみましょう。

ちなみに自分は、手先が不器用過ぎて全くコツが掴めません…

思ったより長くなったので、一度ここで切ります。

次回はもうちょい細かい部分なんかを書いていこうかと。

では、Vol2に続きます。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

前半と後半のテンションの差。

なんか色々と


ども、最近はbotとしか会話してないSERNです。

botについては各自お調べください。

以上、意味がわかると悲しい話でした。

前回書いた通り、当分は釣りに行けそうにありません…

そう書いてしまうと、病気に罹ったんじゃないか?とか心配されそうですが、理由としてはものっそい下らないですので、ご心配なく。

ん?全く心配してないとか言った? あとで屋上な。

あれだなぁ、雑記書くのが久しぶり過ぎて、テンションがよくわからない。

とりあえず釣りは当分行けませんが、更新はしていきたいと思います。

むしろ以前より更新ペースを増やしてやろうとか思ってたんですが、想像以上にネタが無い。

思った以上に想像以上で頭痛が痛い。

というわけで、ここはアクセス解析を利用していきたいと思います。

アクセス解析から求められている記事を逆算し、それに応じた記事を書く。

なにこれ意識高い。

戯言はさて置き、ちょっと調べてみました。

この時期に多いのは、やっぱりバチに関する検索ワード。

「横浜 バチ シーバス」 と言った感じ。

ポイントを知りたいのか、釣果情報なのか、メソッドなのかはわかりません。

ポイントについては自分も数えるくらいしか知りませんし、釣果情報に至っては行かなきゃ書けません。

というわけで、今回はバチの攻略方法について書いていきます。







…あれです、こうグワっとモワッと表層を引きます。





知らねぇもの

バチの攻略法なんてこっちが教えて欲しいもの。

なんつー難題だよ、次だ次。

「川崎新堤 バッシー」


これってあれですよね?バッシーさんのログを読もうとしたらこっちが検索にヒットしちゃったってやつですよね?

これが検索ワード3位(今月)ってちょっとへこんだわ!

むしろ一周回って申し訳なくなっちゃただろ…

バッシーさんのログが見たい方は横浜鬼斬会で検索してください。

では今日はこの辺で、相変わらず内容が皆無の更新でした。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り行きたいの。

川崎新堤  区切り


3月31日

中潮    満潮03:07    干潮08:59




ども、少し間が空いてのSERNです。

今回も川崎新堤へ。

と、その前に一つ。

Twitterやプロフィールにも書いていたんですが、当面の間釣りに行けないことになりました…

数週間になるか、数か月になるかは分かりません。

その間もブログは更新するつもりでいるので、これからも見て頂けると嬉しいです。

では区切りとなる今回の釣行、今年通算100本まであと3本。

とりあえず、悪くても3本は取れるだろうということで上陸。

DSC_1332_convert_20150403230419.jpg

6番で二刀流。

まずは岸ジギから。



マズったなぁ、Mさんを始め岸ジギ勢、誰一人としてヒットもねぇ。

キャストの方がヒットさせていたので、自分もキャストにチェンジ。

まだ岸ジギもやるつもりなので、5番辺りまでは行かずに先端近くでキャスト。

しかし、これにもバイトは遠く、赤クラゲが非常に鬱陶しいので再び岸ジギ。

と、群れが回って来たのか、先端周りの方達が次々に竿を曲げる。

慌てて参戦するも、自分にはバイトも無い。

おっかしいなぁ、この流れちょっと前に見た気がするぞ…

先端周りでやっていた方が揃って1本ずつキャッチしたものの(俺以外)、そこで再び沈黙。

少し場所を移動、軽くキャストして岸ジギの要領で誘ってくる。

巻き上げからのフォール、かなり明確なバイト。

待ってましたの大アワセ

ぶっ壊れるリール

ファッ!???

え、ちょ、え?

アワセと同時になぜかドラグが完全フリーになってしまい、ハンドルを巻いても巻いてもラインは巻けない。

ここまで負け続けの人生なのに、ラインは巻けない。

なんて上手いこと言ってる場合じゃねぇ。(?)

魚は半ば諦めつつドラグをいじっていると、なんか奇跡的に直る。

慌ててふけているラインを巻き取ると、魚はまだついてる。

どうにかキャッチ。

IMG_20150403_223840_convert_20150403230514.jpg

ロクマルちょいのまあまあサイズ。

アワセが決まって無いせいで、ハリ先がチョン掛り。

これで良く外れなかったな…

さらにしばらくしてからのファーストフォール、ラインがピタリと止まる。

即アワセするも、今度は高切れ…

重さを一切感じずに切れたので、エラかなにかに触れたのかと思ったのだが、なぜか高切れ。

もうワケが分からん。

この高切れでラインが足りなくなったので、強制的にキャストに変更。

確実に魚を出せそうだった5番辺りの根ゾーンへ。

DSC_1334_convert_20150403230456.jpg

基礎の横通しでサクサクと探って行きますが、バイトは遠い。

そんな中、基礎トロにようやくのヒット。

手前まで寄せた所でポロリ。

はぁ…

この後も基礎トロを中心にネチネチと探りますが、全くダメ。

そのまま11時を迎えてしゅーりょー。

区切りがこれかい。




釣果
・シーバス×1





250本まであと152本
(except沖堤× 14/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

なるべく早く復活出来るように頑張りますゆえ…
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)