FC2ブログ

川崎新堤  止まらぬホゲ


5月30日

中潮     干潮09:23




└(^o^┐)(┌^o^)┘ズンドコズンドコ

└(^o^┐)(┌^o^)┘ズンドコズンドコ

└(^o^┐)(┌^o^)┘ズンドコズンドコ

三(卍^o^)卍ドゥルルルル



HOGE




ども、SERNです。

そんなわけでまたもやホゲました。

新堤でまでホゲるとは…、もう止められる気がしません。

シーバスって伝説の魚かなんかでしたっけ?

まぁ、一応書いていきます。

6番に2本持ちで上陸し、岸ジギからスタート。

先端で粘っても、ランガンしてもノーバイト。

キャストに持ち替えて5番の辺りへ。

バクリー、ブレード、鉄板で索敵しますが、感無し。

先端へと帰還。

久しぶりにお会いしたセイゴさんによると、4ヒット有ったとのコト。

ちょっと先端で粘ってみますが、1時間半くらい、誰一人として竿を曲げない…

10:00、諦めの就寝。


DSC_1406_convert_20150531231044.jpg





250本まであと145本
(except沖堤× 17/50)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

エサ釣りがやりたくなってきた今日この頃。

本牧  岸ジギと言えども…

5月26日

小潮    干潮16:50




ども、SERNです。

前回の本牧で、「一般的に岸ジギは良く潮が動いてくれた方が良いんですが、本牧の沖桟橋だけは例外。」とか言いましたが、あれは忘れて下さい、お願いします。

うん…、浅い知識で言い切るのは止めよう。

というか、そんな事言ってないまである。

そんなわけで、14:30に今週も本牧に到着。

DSC_1403_convert_20150527113617.jpg

平日の昼時、相変わらずの混雑ですが、空いている橋脚を打っていく。

前回とは真逆の全く動かない潮。

根掛りは全くせず、攻めやすいのは助かるんですが、さすがに動かなさすぎ。

新護岸も打ってみますが、反応は皆無中の皆無。

何もないまま17時を回る。

ようやくソコリからの上げ返しの潮が少し効いてくる。

今にも連発し始めそうな状況なんですが、全くバイトが出ない…

それでも一心不乱にジグを落としていると、シャクリに待望のヒット。

丁寧に寄せて、ランディング。

背中からタモを取る…

取る…

取…



取れない

ちょっ、マジかお前。

ライフジャケットの背中に付けてたタモが何かに引っ掛かって取れない。

強引にやっても取れない、テクニカルにやっても取れない。

えー…

抜き上げたら確実にバレる掛かり方だし、どうしよう?

必死に外そうとしていると、ジャンプされてポロリ…

はぁ…

もう何やってんだか。

夕マズメ、今にも爆釣タイムが始まりそうな気配とは裏腹にノーバイトで終了。

ナイトに続き、岸ジギでもホゲ。

誰かシーバスの釣り方教えて下さい。







250本まであと145本
(except沖堤× 17/50)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

今週末は地味に久しぶり、新堤へ。

横浜周辺  癒しの黒

5月22日

中潮     満潮20:20




ども、SERNです。

最近Twitterを始めてみましたが、やっぱり高校生くらいの人が多いんですね。

というわけで、自分の高校生活をちょっと振り返ってみました。

…、彼女なんて言う天然記念物はさて置き、友達すら居なかったからなぁ。

強いて言うなら…、あれだ、釣りしてました。

今と変わんねぇなぁ。

これはつまり、SERN=若々しいってことですね、違いますね。

どっちかというと、高校生の頃にはもうオッサン化してたの方が正しいな…

いや、違いますよぉ、自分は今でも若々しいですよー。

ナウいヤングですし、ディスコでアゲアゲでゲロマブって感じです。

戯言はさて置き、今日は横浜周辺の河口でナイトゲーム。

ちなみに、この長い前置きが入るときは大体ホゲてます。

DSC_1400_convert_20150524021939.jpg

19:00、もうほとんど暗くなった中のスタート。

今回は最初っからロープエリア。

ちょっと風が強く、釣り辛い中をCDで探って行く。

んで、いきなりのルアーロスト…

いきなりのエースルアーのロストにへこみながらも、ちょこちょこ移動しながら打って行く。

が、反応も無いまま21時を回る。

最後にと、もう一度ロープエリアを探る。

サスケ95がロープの付近に差し掛かるタイミング、軽くトゥイッチを入れた瞬間に引っ手繰る様なバイト。

やっと食ったものの、小さいなぁ。

てっきりセイゴかと思って抜き上げたのは…

IMG_20150522_213849_convert_20150524022008.jpg

30くらいの可愛いサイズのキビレ。

何気に初のキビレ、もうちょいデカイと嬉しいんですが。

これをリリースした直後にロープ際でボイルが数発。

慌てて通した結果、ロープに引っ掛ける

さらにはリーダーからロスト。

ボイルを観察しますが、明らかにセイゴサイズ。

しかも早くも終息気味だし…

リーダーを結び直す気力も起こらず、ここで終了。

やっぱりホゲじゃないすか!やだーー!





釣果
・キビレ×1




250本まであと145本
(except沖堤× 17/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ナイトで安定して釣る方が本当に羨ましい…

本牧  潮流


5月19日

大潮     干潮11:33    満潮18:24




ども、SERNです。

昼から夕方くらいまで時間が出来たので、ちょろっと釣りへ。

時間帯が微妙な事この上ないので、選択肢は少なかったんですが、今回は本牧で岸ジギ。

11時半頃、ちょうど干潮の潮止まりからのスタート。

IMG_20150520_085246_convert_20150520090254.jpg

意外と混んでいて、あまり橋脚が空いてない…

それでも空いている橋脚を見つけて、ジグを落としていく。

一応、干潮の潮止まりのハズなんですが、思いの外早い流れ。

これが中々に厄介。

一般的に岸ジギは良く潮が動いてくれた方が良いんですが、本牧の沖桟橋だけは例外。

ここの橋脚はやや斜めに入っており、流れのアップからジグを入れると、この橋脚に高確率で引っ掛かります。

かと言って、ダウンに入れると橋脚から離れすぎてしまい、バイトが出ない。

というわけで、まずはジグを一つロスト。

激流の切り札、オーシャンドミネーター60グラムを投入しますが、ロスト&ロスト。

これで60グラムは全滅…

GJタラッサで流し込み、橋脚に触れるか触れないかで回収。

ジグが橋脚に接近する一瞬でバイトを出す。(出来るとは言ってない)

そんなわけで、またまたロスト。

これで4個目…

嫌気が差してくる中、ファーストフォールのほんの一瞬に掛けてジグを落としていく。

こんなにも気をつかう岸ジギは初めてだよ…

時折回収可能な根掛りをしつつ、どうにか1本と集中。

すると、フォールにコンっとバイト。

よし、よし、やっとこさのヒット

が、足元から寄せてくるランディング、距離感を見誤りバラシ…

もう良いよ、もう見飽きたよこの展開!!

さらにこの後タラッサを二つロスト、これで6つ目。

腹ごしらえをしつつ、少し休憩。

ダメ元で新護岸を打ってみますが、まぁ反応は無い。

沖桟橋に戻ってみると、流れが収まっている。

…というよりは向きが変わって早い流れ。

満潮まではまだ3時間くらいあるんですが、なぜか潮の向きが真逆に。

普通に早いですが、先ほどよりはだいぶマシ。

ここがチャンスと睨み、再び集中モードでジグを落としていく。

んでんで、フォールに再びのヒット。

ヒットと同時に流れに乗って良く走る、そして擦れるラインの感触がガンガンに伝わって来る…

一か八か、数秒間クラッチを切ってラインを出す。

で、もういっぱいいっぱいのキャッチ。

DSC_1389_convert_20150520090114.jpg

ゴーナナくらいですが、ここまで嬉しい1本も久しぶり。

この1本に気を良くして続行しますが、相変わらず根掛りをポツポツと。

流れもドンドン早くなり、沖桟橋を打つのはもうかなり厳しい。

で、この後はバイトも無く18時半の満潮の時間を迎える。

迎えたんですが流れは全く収まらず、むしろ早くなってる…

最後にもう一度だけ新護岸をチェック。

DSC_1392_convert_20150520090158.jpg

夕マズメ時の岸ジギというのも、なかなか新鮮。

18:50、蛍の光も聞こえ出し、終了の時間。

最後にと、新護岸の先端にジグを入れる。

そのアップからのフォール、ここでまさかのバチコン

DSC_1393_convert_20150520090218.jpg

ゴーマルちょっと、最後の最後に嬉しい1本。

これで終了。

岸ジギってやっぱり面白い。

でも、次回までにこの激流の沖桟橋対策は必要かな。




釣果
・シーバス×2





250本まであと145本
(except沖堤× 17/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

今日の3ヒット、ジグが全部違う種類とかいうどうでも良い情報。

隅田川  東京Walker

5月16日~17日

中潮~大潮     満潮16:03  干潮21:55  満潮03:46




ども、SERNです。

今週も新堤と思っていたんですが、アレイからこんな誘いが。

「隅田川で夜通しやりませんか?」



えー…

正直、イマイチ釣れる気がしないので、横沖で夜通しやらない?と提案。

しかし、アレイは隅田川が良いですと譲らない。

う~ん、まぁ良い経験になるかなと、隅田川12時間釣行を決行。



この時に横沖をもっと押していれば、もし夜通しなんてバカな事は止めようといえていれば…

5月16日、18:00 

DSC_1376_convert_20150518201821.jpg

隅田川に到着、適当に両国駅の辺りから釣り下る。

まずは両国JC下から。

朝の大雨の影響なのか、かなりの激流。

その上、青潮みたいな川の色で、お魚さん達がぷかぷかと流されてくる…

あっ、これダメなやつじゃね?

この状況を察してか、他のルアーマンの方々もほとんど見かけない。

どんどんランガンしていく。

DSC_1378_convert_20150518201808.jpg

このアーバンサイド感で自分とアレイの意識もドンドン高くなる。

もっとこうさぁ、シチュエーションにマッチさせていくっていうかさぁ。

カレントをカリキュレートしつつ、もっと視野をステェイティクスにシエスタしていくのが重要なんだよなぁ。

もう、ホントに何言ってるんだろうね、シエスタって昼寝だし、スペイン語だし。

すかいつりー。

DSC_1380_convert_20150518201749.jpg

5月16日 20:30


清州橋到着。

流れもだいぶちょうど良い感じになってくるが、相変わらず魚っ気のなさ。

DSC_1381_convert_20150518201728.jpg

晩飯を食ってから再開。

ちょこちょこ橋脚や明暗を打ちながらも歩いていく、バイトはまだ無い。


23:00 

佃大橋の辺りに到着。

激流も収まり、一転して上げの緩やかな流れに。

ベイトもちっさいイナッコがポツポツと見られる。

だが釣れぬ

DSC_1382_convert_20150518202120.jpg

勝鬨橋の途中、水門になっている運河の中。

何気なく橋から下を見ると、明暗の辺りにうじゃうじゃとマイクロベイトが。

DSC_1383_convert_20150518201710.jpg

こんなサイズ。(ルアーはCD5)

シーバスは居なさそうなので移動。

と思った瞬間に、ベイトを蹴散らすようにボイルが一発。

慌ててキャストを開始しますが、つれなーい。

まぁ冷静に考えて、こんだけベイトがうじゃうじゃ居て、シーバスが数匹じゃあどう足掻いてもムリ。


5月17日 00:30

勝鬨橋に到着。

相変わらずのマイクロベイトに加え、バチがちらほら&ごく稀にボイル。

ここに来て、ようやくの釣れそうな雰囲気。

が、どうにも反応は無い。

移動を考え始めたタイミング、ダウン方向から橋の下に向かってモンキー69を投げ込む。

ボトムまで落としてから、リフト&フォール。

ドン!

来たッ、ヒットヒットヒットぉぉぉぉ。

釣り開始から8時間弱、ついにヒット。

頼む、これだけは、このヒットだkバシャバシャ ポロッ







sonigaihh8h.png

はぁ、何やってんだもう…

この後はショートバイトが1発のみ、朝も近くなってきたので、晴海ふ頭へと向かう。

んでんで、晴海ふ頭に到着。

釣りが出来る場所を目指す。

ん?あれって…

IMG_20150518_003800_convert_20150518201632.jpg

護衛艦、護衛艦!!!

これはあさぎり型のゆうぎりかな。

76㎜の主砲と、その後ろのアスロック用の発射機が素晴らしい。

暗さとフェンスで、写真がイマイチなのが残念なところ。

隣にはこちら。

IMG_20150518_125753_convert_20150518201537.jpg

これは練習艦のかしまかな?

眼福眼福、ちょっと元気出た。

で、公園に向かいますが、工事で立入禁止…?

え?あれ?マジで?これで終わり。

空が明るくなってくる中、アレイと半ば呆然。

スマフォをいじってると、ここでようやく理由が判明。

自分たちが行きたかったのは「晴海臨海公園」、ここは「晴海ふ頭公園」。

幸い近いようなので、疲労も限界に近い中、半ば意地で歩く。


04:45  到着。

DSC_1386_convert_20150518201653.jpg

水深も深めで、思いの外釣れそうな雰囲気。

ただ、沖から足元まで探る体力は残ってないので、足元に狙いを絞ってのバクリーダート。

釣れそうな雰囲気はある、頼むから1本を…



だが、釣れぬ

12時間に及ぶ釣行、まさかのホゲ

はぁ…





250本まであと147本
(except沖堤× 15/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ムダに長げぇな、今回。

川崎新堤  キャストの難しさ

5月10日

小潮     満潮08:11




ども、SERNです。

今回は予告通り、1番でのキャスト。

正直、こちらの方が不安要素が大きい。

1ヵ月も行っていないと、パターンからなにからサッパリわからない。

3月にちょっと良く釣れたのも、結局の所はバカみたいに通ってパターンを知っていたってだけに過ぎない。

こう言う久しぶりの状況でいかに合わせていけるか、それで今の実力がわかる。

おぉ、我ながらちょっとカッコイイ?こと言ったよ今。 (???)

まぁ、これでしっかり釣れたらカッコよかったんですけどね…

で、今回はちゃんと5時便で上陸。

混雑している先端は避け、一気にポールの手前辺りへ。

道中の際を探ってみますが、とくに反応は無し。

それよりもゴミとクラゲが酷く、かなり釣り辛い感じ。

まずは鉄板からスタート、案の定クラゲが酷く釣り辛い。

クラゲパターンを期待してみますが、反応なし。

先端周りでは時合いなのか、ポツポツとランディングしている姿が見える。

しかし、こちらの方はどうにも反応なし。

ここで今日の肝、JJシャクラでのカウンターパターンというのを実践。

ざっくり説明すると、タダ巻き→ジャーク→カーブフォール→フリーフォール→ジャークを繰り返すような感じのアクション。

詳細は(こちら)で読むことができます。

意外と難しいながらも、なんか釣れそうな気がする!(隠しきれない素人感

フリーフォールで食うとのことなので、そこに全力で集中。



タダ巻き、上記とはひっとつも関係ない場所でのヒット頂きましたぁ…

DSC_1368_convert_20150511170313.jpg

ゴーマルくらい。

いや、釣れたけども、釣れたけども。

カウンターパターンで釣りたかったぜィ…

交通事故的な1本とは言え、貴重なホゲ回避。

後が続かないので、ポールの向こう側まで打って行く。

しかし、行けども行けどもバイトは皆無。

一度先端の方へと帰還。

と、ここで久しぶりにお会いするtaka-hiroさん。

先端の状況を聞きますが、朝一の時合いで1本上げた以降はサッパリとのこと。

先端まで一応基礎も含めて打って行きますが、ほんとにどうしてダメ。

先端に帰還したところで眠気が限界、少し仮眠zzz

1時間ちょっと寝てたようで、10時ちょうどに起床。

いつのまにやら強くなった南風で、余計にゴミが酷くなっている。

DSC_1369_convert_20150511170354.jpg

キャストするたびにゴミが大量に引っ掛かって来る。

ラスト1時間、キャストを繰り返しますが、特に何も起こらずタイムアップ。

少しパターンが変わるとこの体たらく、初場所にも弱いですし、まだまだだなぁ。(ホゲなかった事で満足しない自分カッコイイ

次回は未定ですが、さすがにもうちょっと釣行回数を増やしていきたい…




釣果
・シーバス×1





250本まであと147本
(except沖堤× 15/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

新堤もいい加減、ちょっとは良くなってくれぃ。

川崎新堤  復帰戦

5月6日

中潮     満潮05:50    干潮12:31





ども、SERNです。

今回、ついに新堤復帰です!(わーぱちぱち)

と、まぁ一人で盛り上がっていたんですが、寝坊…

安心と信頼のSERNブランドでお届けする、寝坊。

一家に一台どうぞ。

そんなわけで、長八の7時便でのんびりと向かいます。

DSC_1361_convert_20150509224622.jpg

今回は岸ジギ1本。

かなりシブいとのコトなので、寝坊は結構致命的だった気が…

懐かしの新堤(たかだか1ヵ月ちょい)が見えてくる。

「I'll be back…」

ん?これだと戻って来るになっちゃうなぁ。

戻って来ただから、えーと…

あいむ、シンテー カエッテキター。

あれだ、中国語とかフランス語なら完璧なんですけどねぇ。

ホントダヨー、SERN is tennsai.

で、久しぶりの上陸。

ooiさんにやまさん、Mさんなど知っている方々が先端周りに固まってる。

朝一の状況を聞くと、中々良かったらしく、Mさんの5本を頭に1~3本取られている。

寝坊はホントにダメだったかもな…

早速ランガン開始。

6番の中間辺りまで丁寧にジグを落としていきますが、全くもってバイトがねぇ。

覚悟はしていたけども、かなりシブそうだなぁ…

先端の方でネットを伸ばしている方が見えたので、一度帰還。

先端周り限定でポツポツと反応が出ているとのコト。

空いている場所に入れてもらい、ジグを落とすと激流。

30㌘だとまともに釣りにならない。

ここでちょっと試してみたかったことを。

なんだかんだで流れてしまったジギング船、それ用に買っていたジグ。

なんとなく持ってきていたので、これを投入。

オーシャンドミネーターの60㌘。

さすがにシャクルのはムリなので、タダ巻き&フォールで。

開始しばらくして、フォールに1発バイト。

先端内側に移動してやっていると、フォールにやっとこさのヒット。

が、バラシ。

う~ん、ホゲそうなマズい流れ。

それを吹き飛ばすようにヒット。

今度はキャッチ。

DSC_1362_convert_20150509224643.jpg

ヨンゴーくらい、これで今年通算100本目

ここまでの激流はそうそう無いですが、60㌘で岸ジギはアリだな。

さらに連発。

DSC_1363_convert_20150509224759.jpg

これもゴーマルくらい。

サイズはイマイチですが、流れも手伝って良い引きをしてくれる。

このまま確変に突入…なんてことも無く、乗らないバイトが1,2回出た後は沈黙。

さっきの激流は何だったのかと言うくらい、流れも消えてしまう。

途端にシブくなってしまい、先端周りでも誰も竿を曲げない。

6番の内外をランガンしたり、岸ジギタックルで強引にキャストをやったりしますが、一向にバイトは出ない。

ようやく反応が出たのは11時前、ゼッタイでケーソンの隙間をネチネチやっているとヒット。

DSC_1364_convert_20150509225258.jpg

ゴーゴーちょい。

完全に沈黙している中の1本は嬉しい。

これを最後に完全沈黙。

山本の11時便で皆さん帰っていく。

自分ももうあれに乗って帰りたい…

結局、14時半の便まで粘ってみましたが、あれ以降はうんともすんとも言わず。

復帰戦は3本と、シブい中ではまずまず。

でも、寝坊しなければなぁ…

次回も新堤、今度はキャストをガッツリと。





釣果
・シーバス×3




250本まであと148本
(except沖堤× 15/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

SERN印の朝寝坊、お求めの方は新堤まで。

横浜周辺  REST@RT


5月5日

大潮     満潮18:31




ども、新米プロデューサーのSERNです。

さぁ、そろそろ本格的に釣りを再開していきます。

1~3月が出来過ぎだったので、何かしら反動はあるだろうと予想はしていましたが、まさかここまでとは…

釣れない、じゃなくて釣りに行けないはちと予想外でした。

250本も本格的にマズくなってきたので、ここから自分リスタート。

今更ながらに、某アニメ(ゲーム)にハマっているのは言うまでもない。

今回は横浜周辺でバチのシーバスを狙っていきます。

まだ明るいので、橋脚の際をフォールで狙う。

コントロールが酷い… 次ィ。

すでに日は完全に沈み、下げもガンガンに効いている。

なんですが、バチは姿形も無い。

前回、唯一の釣果を上げた辺りのいつものポイントへ。

いつもの場所は人でいっぱいなので、ロープのとこへ。

CD5のフェザーフック和えで表層を引いてくる。

すると、懐かしのドンっというバイト。

ここからが勝負、ロープや岸壁で切られないよう、竿を立ててのゴリ巻き。

なんとかキャッチ。

IMG_20150505_211848_convert_20150507101026.jpg

サイズはゴーマルちょっとと言ったとこなんですが、久しぶり過ぎて感動。

もう2、3本取れそうな気配を感じつつ、キャストを続けますが、そこまで優しい世界ではない。

結局、この後はバイトも無く、21時を回る。

潮位が下がってくると、この場所でやるのは困難。

あと数投してダメなら移動、というとこでヒット。

同じように竿を立ててゴリ巻きにかかりますが、ラインが擦れるマズい感触。

ヤバイと思った時にはテンションが消える…

リーダーの半分くらいからロストと、一番やっちゃダメなバラシ方。

これ以上はヒットしても取れ無さそうなので、ここで大人しく納竿。

DSC_1360_convert_20150507101050.jpg

久しぶりのシーバス釣行、なんとか1本は取れましたが、反省も多いなぁ…

徐々に勘を取り戻していきたいと思います。

…って思ったけど、ナイトゲームは元からヘタクソでした(・ω<) テヘペロ




釣果
・シーバス×1




250本まであと151本
(except沖堤× 15/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

余裕かと思われた250本、一気に危うくなってきました。

多摩川中流  伏兵


5月3日

大潮     満潮17:30




ども、人生ソロプレイ(ハードモード)のSERNです。

あのエリア釣行の後、一度帰宅してからの後半戦。

これまた人生初のナマズ狙い。

正直、こっちはかなり楽しみ。

再びアレイ、ふじむらと合流し、多摩川の中流へ。

日が傾き始めた17時過ぎ頃にポイント到着。

DSC_1357_convert_20150505154940.jpg

まずはベイトでのキャストの練習。

これがバックラッシュとまでは行かないものの、その手前みたいなのが連発。

ちょっと焦ったが、よく見たらブレーキが一番緩くなってた…

とまぁ、ベイト初心者っぷりを発揮しつつ日没。

自分とふじむらはトップ、アレイはワームでランガンしつつ打って行く。

しかし、そんな簡単に釣れるわけも無く、非常に厳しい展開。

が、その状況を打ち破ったのは、まさかの伏兵アレイ。

ワームながらも、60upをキャッチ。

トップは全く気配が無いので、自分もワームにチェンジ。

ふじむらとアレイがダラダラとしている中、1人黙々とキャストを続ける。

が、そんな努力も空しく、ノーバイトで終了。

全体的に釣れないなぁ…




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

さぁ、そろそろシーバスに戻ります。

王禅寺  初エリア


5月3日



ども、SERNです。

今回は人生初の管理釣り場、カッコよく言うとエリアに。

正直、全く興味の無いジャンルだったんですが、アレイとふじむらの熱い説得に負け…

絶賛ハマり中のふじむら&アレイ曰く、一度来てみればハマるとのこと。

自宅から車で40分ほどで、王禅寺に到着。

DSC_1355_convert_20150505154925.jpg

第一印象、え?ここでルアー投げるの??

なんというか、滲み出る釣り堀感。

基本中の基本のスプーンからキャストし始めると、早速のヒット。

DSC_1347_convert_20150505154834.jpg

DSC_1349_convert_20150505154906.jpg

とりあえず、アッサリと2本キャッチ。

う~ん、そんなに面白いか、これ。

が、この後は鬱陶しい程のバイト、そして伸びないキャッチ数。

今日はかなりシブいとのこと。

ポツポツとキャッチしますが、どうにもヒットが少ない(らしい)ので、ジロー池?に移動。

この辺りから少しコツを掴み、良い感じにキャッチが増えてくる。

そして、同時に少し飽きてくる…

デカイの来ないかなぁ、と思っていると、ちょっと良い引き。

IMG_20150505_151514_convert_20150505155011.jpg

ロックなんちゃらとか言うヤツ。

これの引きはちょっと楽しかったなぁ。

さらにちょっと良い引き。

IMG_20150505_151531_convert_20150505155026.jpg

40弱くらい。

同サイズを立て続けにキャッチ。

このサイズだと結構面白い。

ジロー池も人が増えてきたので、サブロー池に移動。

が、こちらは全くヒットが得られず。

最後にジロー池に戻り、2~3本取って終了。

IMG_20150505_151421_convert_20150505154956.jpg

最終的には20本ちょいくらいかな。

思ったよりは楽しめる感じでしたが、まぁ年に2,3回来れれば良いかなぁ。

とりあえず、早く新堤に行きたいィィィ。







にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス一ヵ月釣ってないな…

うみかぜ公園  5月病


5月1日

中潮    満潮15:54   干潮21:44




ども、年中5月病ですが、この時期は特に酷くなるSERNです。

先月は釣行回数1回とかなり酷い事になってしまいましたが、今月から徐々に増えていくかと。

というわけで、GW1発目はメバリング。

日が沈むか否かの、18時半頃に到着して開始。

DSC_1343_convert_20150502111124.jpg

風は微風でフォロー。

潮回りはイマイチながらも、悪くない雰囲気。


だが、釣れぬ。


おっかしいなぁ、全くバイトも無い状況。

ゴロタの方も打ってみますが、どうにもこうにもバイトが出ない。

ようやく反応が出だしたのは20時半頃。

際を通していると、小さいショートバイトが数発、そしてヒット。

貴重なヒットでしたが、抜き上げでポロっと外れる。

まぁ、サイズも小さかったし、これはしょうがない。

さらに連発、こちらはサイズも中々で良く突っ込む。

が、なぜか突っ込みでバラシ…

このシブい状況で2発もバラシたらアカン…

案の定、これ以降は再びバイトが遠退く。

予定を延長、終電まで粘り、意地の1匹を取りに行く。


だが、釣れぬ。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

まさか、メバリングでホゲるとは…
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)