FC2ブログ

東神奈川→大黒  ホゲまみれ

10月27日 

大潮      満潮16:55





ども、SERNです。

今回はバチ抜けの時以来となる東神奈川の運河へ。

膝の不調が一向に良くならず、自転車エリアの釣行が出来ないままです…

この時期釣れるのかは疑問だったのですが、この際なので釣査。

18:30に到着、イナっ子はうじゃうじゃと居ますが、ボイルの類は皆無。

イマイチ釣れる気もしませんが、キャスト開始。

橋脚、明暗、一通り打ちますが、反応は無し。

さらに買ったばかりのナレージをロスト。

心の折れそうな中リーダーを組み直し、シリテン53投入。

橋脚の裏に入れてリフト&フォール。

サンゴーくらいのちっこいのがヒット。

エラ洗いで呆気なくポロリ。

さらにシリテンもロスト…

心も折れて終了。

IMG_20151028_075711_convert_20151029072947.jpg




10月28日

大潮      満潮05:26




内容無いし、釣果も無いのでまとめて。

翌日の早朝に大黒の釣り設へ。

最近は全く釣れてないみたいですし、秋とは言え空いてるだろ。

そんなことは無かった。

普通に混んでますし…

本命の先端横の際なんて入れるわけも無し。

外側の手前辺りでワーミングやりますが、最初の内に数度バイトが出たのみ。

ワームのダートやる際はランガンが基本なんですが、そんなこと出来るわけも無し。

ダラダラと粘る気も起きなかったので、小一時間で終了。

多摩川や鶴見川も気になりますが、自転車使えないのが思いのほか痛い。

膝の不調がホントに痛い、二つの意味で…

はい、なんでも無いです。




250本まであと17本
(except沖堤× 38/50)




にほんブログ村

秋がハイシーズンとか言う大嘘。

川崎新堤  沈黙の朝


10月24日

中潮      満潮02:32    干潮08:43






ども、SERNです。

夜中から横浜の河川でナイトゲームをやりますが、特に何もなかったので割愛。

船宿まで徒歩で移動し、相変わらず激シブと噂の川崎新堤へ。

まぁ5時便ならテクトロって言うサービスタイムも有りますし、そこまで苦戦しないでしょう。







あるぇ?







え?マジで?ホゲるの?

朝一のテクトロでは全くノーバイト。

かなり早いうちからワームに切り替えますが、ノーバイト、マジかよ。

マズいマズい、本当にマズい。

なんだこのシブさ。

内外で何かちょいちょいボイルしてます。

シーバス?いや否だ、イナダ。

ごめんなさい、なんでもないです。

外側は全くバイトも無いので、内側の際へ。

ミニカリとがまヘッドの組み合わせで、よーやくヒット。

DSC_1718_convert_20151025021144.jpg

サンハチくらいとちっちゃいですが、貴重な1本目。

内外の際とブレイクをサクサク打って行きますが、ホントにどうしてノーバイト。

よーやく反応が出たのは、9月にやり込んだポイントのブレイク。

しかし、小さい…

DSC_1719_convert_20151025021218.jpg

ヨンマルくらい。

反応が出るのはボトム付近のみで、追尾しててもレンジが上がると追って来ない。

がまヘッドの10グラムまで重くして、なるべく底を離さないようにダート。

かなり6番寄りまで来たところでヒット。

DSC_1720_convert_20151025021230.jpg

ヨンゴーくらい、今日もこのサイズしかいねぇのか…

同様にブレイクを打ちながら進みますが、乗らないバイトが数発のみ。

すっかりバイトも遠退いたので、外側の根の場所へ。

際は期待出来そうにないので、ブレイクを斜めに通す。

内側のヒットを参考に、滅多に使わないがまヘッド12グラムにバクリーで投入。

1投目からバチコン

ちょっと良い引きで、よーやくのまともなサイズ。

DSC_1721_convert_20151025021245.jpg

子持ちのロクマル、良い引きしました。

移動しながら打って行くと、割と立て続けにヒット。

DSC_1723_convert_20151025021311.jpg

ロクマル弱くらい。

魚が入って来たのか、ここに着いていたのかは良く分かりませんが、急に反応出始めました。

しかし、この後は乗り切らないバイトのみ。

時間も残り少ない。

延長も考えましたが、疲れたので終了。

引き返しながら反応の有った場所をもう一度通して行くと、どうにか1本追加。

IMG_20151024_233509_convert_20151025021324.jpg

ゴーゴーちょい。

これを最後にタイムアップ。

どうにか後半で帳尻は合わせられましたが、シブ過ぎィ…





釣果
・シーバス×6




250本まであと17本
(except沖堤× 38/50)




にほんブログ村

ランカーは果てしなく遠い…

横浜沖堤  ワーム攻略

10月21日

小潮     干潮03:57    満潮11:43






ども、SERNです。

「釣り好きに悪い人はいない」、誰しもが一度は聞いたことのある言葉だと思います。

結論から言ってしまうとそんなワケがねえ。

それなら立ち禁入るやつも、ゴミ捨てるやつも、割り込んでくるやつもいないですね。

なので、自分はこの言葉が嫌いだったりするんですが、まぁそれは別にどうでも良いですね。

少し前にtwitterで見た、面白い流れこちら。

「ネット忘れて困ってたら横にいた人がネットインしてくれた、やっぱり釣り人に悪い人はいない!」
↓同じ人の数週間後のツイート
「横に割り込んだ来たやつが何回もライン被せて来てうざい、釣り辞めろし」

おい、釣り人に悪い人はいないんじゃ無かったのか…

正直、「釣り人に悪い人はいないんじゃんかったの?ねえ?(・∀・)ニヤニヤ」

って煽りたいとこでしたが、なんとか堪えました。

まぁ、こんなところで自分のイメージ(イケメンリア充紳士)を崩すわけにもいかないですからね。

何言ってんだ、頭湧いてるのかコイツは。

そんなわけで、今回は横浜沖堤、白灯。どんなわけなんでしょう…?

前回書いたワームのダート解説を実践しながら攻略していきたいと思います。

赤灯方面の航路に入り、まずは鉄板フルキャスト。

上から下までざっくりサクサク、お菓子の売り文句みたいに探っていきますが、反応皆無。

続いてブレードに変えて、沖と手前のブレイクを。

ブレイクにて何度かショートバイトが出ますが、全く乗らない。

こんな時はワームのダート一択。

本当はタダ巻きから通したほうが良いんですが、面倒なのでいきなりダートから。

手前の急激なブレイクを離さず打ちたいので、ヘッドはがまヘッド。

一投目、やっぱりヒットです、ありがとうございます。

DSC_1712_convert_20151023004255.jpg

ゴーマル弱、サイズはあれですが狙い通りの1本。

さらに連発。

結構バレやすいワームの釣りですが、足場の低い場所なら取れます。

DSC_1713_convert_20151023004336.jpg

ヨンゴー、サイズが縮んでいきますね…

さらに3連続となるヒット。

今年湧きすぎなカマス…

カマスの群れが入ってきてしまったのか、ワームが次々に壊されます。

こんな時はワームをバーストにチェンジ。

が、これではバイトも遠い。

今日はバクリーに分がある、というよりはバイトしてくるのはほぼカマスと判断して移動。

テトラ側の浅い方へ。

ヘッドもバクリーヘッドに変えます。

あっさり1本追加。

DSC_1714_convert_20151023004348.jpg

ヨンマル…、今日はこのサイズしかいないのか。

ワームはすでにズタボロですが、バーストならそんな状況でも釣れます。

DSC_1715_convert_20151023004403.jpg

これまたヨンマルくらい、サイズアップを…

そして、ここからはサイズアップどころか反応が消えます。

ボトム付近をネチネチと探っていきますが、さっぱりなノーバイトっぷり。

こんな時はちょろっと小技。

ダート、早巻き、ダートの最近お気に入りのコンボ。

早巻き直後のダートにバチコン

反転して急速潜航。

マズイ止められない…

ほとんど寄せられず、一方的にラインを引きづり出されます。

ブレイクに擦れる感触が伝わった時にはもう手遅れ、ラインブレイク…

ん~、前回の新堤でも有りましたが、これなんなんでしょう?

ヒット直後からの反転してるのでエイでは無いと思いますし、シーバスにしてはさすがに引き過ぎ。

スレかとも考えましたが、スレにしたってちょっと引き過ぎな気も…

かと言って、他に思い当たる魚種も無く、正体が気になります。

その後は完全にバイトが止まってしまい、赤灯側とテトラ側をうろうろしますが、ヒット得られず終了。

ん~、イマイチ。

秋だというのに、相変わらず釣果は伸びません…




釣果
・シーバス×4
・あっちいって、どうぞ カマス





250本まであと23本
(except沖堤× 38/50)




にほんブログ村

最近はカマスだと写真も撮らない雑っぷり。

ワームのダート解説 vol2.52


おいっす、SERNです。

今回もワームのダート解説、前回の続きです。

明日中に上げるとか言ってましたが、あれはウソです。

というワケで、今回はワームのローテと小技などについて。

ちなみにvol1ではワームのローテは気分で、とか言ってましたがあれもウソです、忘れて下さい。

とりあえず、自分が使うダートで使うワームは以下の3種類。

写真の上から
・マドネス バクリーダート
・マーズ R32 バースト
・コアマン アルカリ(稀にミニカリも)
です。

IMG_20151023_004150_convert_20151023004431.jpg


まずは言わずと知れたバクリーダート。

先発完投どころか権藤選手並の酷使具合です。

ワームのダートを始めるに当たって、まずは使って欲しいワームです。

カラーは6種類ほど有りますが、カタクチとキビナゴの2種類が有れば大体の局面に対応できます。

フォローで持っとくとすると、チャートがオススメです。

カラーで極端に差が出るというのも有る事は有りますが、まずは2色くらいを使い込んでみて下さい。

一つ注意するとすれば、このワームはとてつもなく脆いです。

1本、ないし2本釣れば確実に壊れますし、酷い時はショートバイトで壊されます。

なので1本掛けた後は勿論、ショートバイトが出た後でも足元で動きをチェックしてください。

綺麗に左右にダートしていない場合は、勿体無くても必ず交換してください。

ダート動きがおかしくなっている場合、どんなに高活性だろうと絶対釣れません。

あと、バクリーフィッシュというノーマル版のやつも有りますが、これもダートさせて使えます。

が、ダート版に比べて優位な状況を見つけられていないので、今回は割愛。

続いてR32 バースト。

言わずと知れたマーズのシーバス用のワーム、R32のダート仕様モデルです。

あんまり知名度の高くないワームですが、最近自分の中で評価急上昇中です。

バクリーに比べて一回り小振りなシルエットですが、これが効きます。

使いどころとしては、バクリーで数本抜いた後。

もしくはバクリーで乗り切らないバイトが頻出した場合に使用しています。

あともう一つ、バクリーよりも圧倒的に優れている点が有ります。

それは何と言っても耐久度

バクリーはちょっと裂けたりするとほぼアウトですが、バーストの方なら全然大丈夫です。

バクリーの一つ辺りでの平均釣果が1本とすると、バーストならば5,6本は持ちます。

最近お財布事情が冬真っ盛りの自分にはとてもありがたいです(笑)

ただまぁ、弱点もありまして、今はほぼ手に入りません…

マーズが倒産したことも有り、生産ラインが移行途中でごたごたしており、あまり人気の無いバーストは後回しにされているのだとか。

来年までは入荷は見込めないとのコトです。

デイライト、緑金など好きなカラーは数有ますが、今現在は入手不可能です…

後はバクリーに比べてやや浮き上がりが早いです。

同じレンジを通したい場合はジグヘッドの重さを一段階上げて下さい。

最後にコアマン アルカリ。

ん~、これについてはイマイチ使いどころに悩んでいます。

使い勝手としてはバクリーとバーストの中間辺りと言ったところ。

勿論釣れるワームでは有るんですが、上記二つとの使い分けが分からないです。

自分は使いどころにあぐねていますが、釣れるワームですので使う価値アリです。

どっちかと言うと、ミニカリをそのうち使い込んでみるかもしれません。

ダイワから出たやつなど、使ってみたいワームはまだたくさん有るので、そのうち追加インプレを書くかもです。




続いて小技編。

ワームのダートでの小技としては、フォール、タダ巻き、ダートの幅を変える、などが有ります。

しかし、最初の内は一切要りません。

ひたすら同じテンポでダートさせることを心がけて下さい。

自分もまだどれも確信を得られていないので、慣れて来たら色々と試してみて下さい。

ただ、どれをやるにしても変化を入れるのは一瞬です。

それも一投の内に1回、ないし2回で十分です。

下手に変化を入れ過ぎるのは見切られる事になるだけです。

繰り返しになりますが、本当に一定リズムのダートだけで十分釣れます。

変化を入れるのは、一定リズムで乗せ切れない時の最後の手だと思って下さい。

ではこんな所で、もっと深い部分が見えて来たらvol3を書きたいと思います。

これが少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後になりますが、いつも閲覧ありがとうございます。

コメントや拍手、じみーに伸びていく閲覧数が更新の励みになっています。

これからもぜひともよろしくお願いします。

あと、この下の行は絶対に反転してはいけません、絶対に。

こうやって媚びとけば拍手付くんだろぉ?ちょろいぜ。






にほんブログ村

忠告を無視して反転してしまった方へ、もちろん冗談ですごめんなさい。
最後でぶち壊していくスタイルでした。

ワームのダート解説 vol2


ども、膝が一向に良くならないSERNです。

以前もちょこっと書きましたが、色々と新たな発見も有ったのでワームのダートvol2。

vol1はこちらです(ワームのダート解説 vol1

前回と180度違うことを言ってるトコも有りますが、まぁ前回は覚えたてでムリクリ書いたのでご容赦下さい。

今回はワームやジグヘッドの使い分けをメインに解説。

あと、良く聞かれるのがダートのテンポや強さ。

なんですが…、こればっかしは自分の文章力で絶対伝わりません…

あれです、コアとかの動画でお願いします。

ダートの動画でも上げてみようかな…

いきなりの雑っぷりですが、とりあえず書いていきます。

まずはジグヘッドの使い分けです。

自分が使うのは主に3種類。

写真の上から
・コアマン  パワーヘッド(以下PH)
・マドネス バクリーヘッド(以下BH)
・がまかつ レンジスイマー タイプボトム(以下がまヘッド)
です。

IMG_20151020_205120_convert_20151020210924.jpg


簡単に長所と短所を。

まず上の二つの長所ですが、上下左右にかなり自由度の高いダートをします。

短所は浮上の早さ、12グラムなど重いのを使ってもかなり早く浮き上がってしまいます。

自分の使いどころとしては、水深の無い場所と朝の高活性時。

PHとBHの使い分けは特に気にしなくても大丈夫です。

弾丸系のジグヘッドならどれも似たような感じなので、好みで大丈夫です。

PHが断トツの人気なので、迷ったらこれで大丈夫です。

重さですが、これはポイントによるとかしか。

新堤の場合だと自分は際の場合は9~12グラムをメインに使ってます。

キャストでは滅多に使いませんが、大体同じくらいのウェイトで投げてます。

続いてがまヘッド。

これの長所は何と言っても浮き上がりにくさ。

上記のヘッドの半分の重さでも、同じレンジを引くことが出来ます。

短所としてはやや単調なダートになりがちなとこと、水深の浅い場所では使えないと言ったとこ。

自分もこのヘッドは足元から水深があるとこしか使いませんが、そういう所ではかなり強いです。

最近の新堤など活性の低いシーバスは、追っていても中々食わない上にあまり高いレンジまで追ってきません。

そんな時に強いのがこのヘッドで、一定のレンジをダートさせ続けられます。

最近の澄潮&シブさだと初手から投入することもある、エースヘッドです。

あと、まだほぼ使ってないのですが、コアマンから新しく出たダートヘッドでも同じことが出来ます。

重さですが、際なら6~10グラム、キャストもほぼ同じですが、際より一段階だけ重くすることが多いです。




次はワームのダートでの通す向き。

潮が効いてる、それもかなり速いという状況。

そういう時は際にしろ、キャストでのブレイク狙いにしろ、潮上から通すことを意識してください。

理由はイマイチ良く分からないんですが、流れが速い時は潮下から逆らうようにダートさせると反応がイマイチです。

出ないというワケでは無いですが、浮き上がりも早くなってしまってやり辛いです。

潮が効いてない、緩やかな流れの場合はどちらからも通してみて下さい。

ジグヘッドの使い分け+αに関してはこんなトコですかね。

ちょっと長くなってしまったので、一回切ります。

続きも読んで頂けると幸いです。

わからないトコや、これ教えてってのは、コメントにて大募集です。

では今回はこの辺で、明日の横沖の準備をしつつ。







にほんブログ村

続きは明日中には上げれるかと思います。

川崎新堤  ゲスト

10月18日

中潮      満潮08:28





ども、SERNです。

いきなりなんですが、右ひざを負傷しました、はい。

普通に歩いてただけなんですけどねぇ…

病院も行きましたが、とりあえず様子見て、悪化したり治らない様ならもう一回来てくれと…

ランガンもやり辛いですし、秋だと言うのに不安要素が次々と出てきますね。

というか、浮島に置きっぱなしの自転車どうしよう…

それはさて置き、今日は初夏を思い出す激シブと噂の新堤へ。

あんまりランガンはやりたくない&内外の昇り降りが出来ないので、久しぶりにキャスト中心の予定。

ホゲだけは回避したいので、とりあえずテクトロから。

朝一にサクッと取りたかったんですが、ショートバイト&チェイス止まり。

今年はこのテクトロがイマイチですね…

マグナムからノーマルのハチマルに代えますが、こっちではショートバイトも無し。

マグナムに戻し、2番のちょい先でようやく初ヒット。

が、セイゴサイズにしたってやけに軽い。

カマス…

何を思ってハチマルマグナムに飛びついて来たのか。

新堤のちょうど真ん中辺り、よーやくシーバスの初ヒット。

IMG_20151018_145116_convert_20151018161248.jpg

ロクサンくらいのまずまずサイズ。

噂通り、かなーり厳しそう…

この後のテクトロは何もなし、もう厳しそうなので際のワームに移行。

で、まぁこの後は結局いつも通りのワームメイン。

こうなるとキャスト用の風神X96を持って来たのはただの罰ゲーム。

まだ薄暗い時間帯なので、タダ巻きにダートを混ぜる程度に。

チェイスやバイトは有りますが、ヒットには至らず。

次第にそれすらも無くなり始めたので、完全ダートに移行。

幸先良く1本キャッチ。

DSC_1705_convert_20151018161308.jpg

ゴーゴーくらい。

しかし最近の不調っぷり、朝一のワームですら厳しい展開。

ここでちょっとした小技。

ダート早巻きダートの三連コンボ。

いつも通りダートさせて来たら、途中でハンドル6回転くらい超高速リトリーブ。

そっから再びダートを再開。

ちょっと前から試している小技で1本追加。

DSC_1706_convert_20151018161323.jpg

ゴーマルちょい。

この途中の早巻き、連続ダートで食わない時は地味に効果的(な気がする)

注意点としては、ワームが綺麗に刺せていること。

ちょっとでも曲がっていると、早巻きで変な方向に動いて見切られます。

さらにこのパターンでヒット。

コイツはやたらと良い引き。

ブレイクの方へとグングン走って行く、というか止められない。

リーダーがブレイクに擦れる嫌な感触。

慌てて浮かせに掛かった所でリーダーがプツン。

青モノ?スレ掛り?良型?、正体が気になりますが、確かめる術もなし。

4番のポール辺りまで来ますが、すっかりバイトは遠くなる…

ブレイクを打ちながら引き返して行きますが、本当ににサッパリでショートバイトすらも皆無。

ちょうど新堤の真ん中辺り、ちょっと遠い潮目が気になりワームをフルキャスト。

ボトムからダートさせてくると、久しぶりのバチコン

同時に反転して猛ダッシュ。

ゆるゆるのドラグが一気に引きづり出される。

おっ、これは久しぶりにイナダっぽい。

リーダーがワーム用の8ポンドなので、かなり丁寧にファイト。

最初のダッシュを耐えると、あとは案外大人しく寄って来る。

ブレイク手前くらいで再び反転してダッシュ。

それにしても良い引き、ギリギリワラサくらいのサイズ有るんじゃないかと期待。

時間を掛けてようやく寄せて来ますが、…ん?

あっ、これサワラだ。

IMG_20151018_145129_convert_20151018161412.jpg

90センチのサワラ、そりゃ良く引くわ。

ホントに歯がえげつないですね…

なんで8ポンドで切られなかったのか不思議。

そこそこの高級魚ということでキープしたかったんですが、生憎クーラーは持って来てない。

それ以前に現在地は新堤のど真ん中。

泣く泣くリリースです…

そんなこんな有りつつも、1番に引き返しつつブレイクを打って行く。

が、ホントにショートバイトの一つすらありゃしない。

潮が下げに変わるタイミング、試しに再び際を打ってみると1発でヒット。

DSC_1709_convert_20151018161358.jpg

ゴーマルくらい。

意外にもこの時間でも際に着いているようで、ここから連発。

が、上の1本以外は安定のバラシ。

いや、うん、ムリですって。

もうゲームとかでも良くある負けイベですよ、これ。

キャッチできる訳ねーもの。

おまけに時合いは一瞬だった様で、再び沈黙。

ネチネチと際を打って行くと、チェイスとバイトが極稀に有りましたが、打つ手も無く終局。

覚悟してた程では無かったとは言え、依然として厳しい新堤模様。





釣果
・シーバス×4
・サワラ
・ガッカリに定評のあるカマス





250本まであと27本
(except沖堤× 38/50)




にほんブログ村

タチウオなんかも上がってたみたいですし、新堤も秋ですね。
肝心のシーバスはシブいけど…

多摩川  明暗の外

10月15日

中潮      満潮18:11





秋ですね、釣果は一向に伸びませんが秋なんです。

秋と言えば文化祭の季節、懐かしいなぁ…

文化祭と言えば、文化祭の悪しき文化でお馴染みのクラスTシャツですね。

あれマジで何なんですかね…、希望者と言う名の強制購入ですし。

しかもあれって背中にクラス全員のあだ名書くんですよね。

こちとらあだ名を貰えるほど関わっていないってのに。

結局、自分は一度も呼ばれた覚えのないあだ名が書いてありましたね、はい。

まぁ、苗字をそのまま漢字やカタカナよりはマシですね。

前向きな思考に定評のあるSERNです。

普段は服が人と被るのを嫌がるくせに、なんでお祭りごとの時だけ同じもの来たがるんだよ…

一体感とか抜かすんだったら、制服が一番一体感有るだろ…

そんなわけで長い前置きも終わり、19:30頃に多摩川の六郷エリアに到着。

上流側の明暗はすでに2人ほど先行者、対岸にも人が見える。

秋だけあってやっぱりどこも混みますね…

釣果は増えないのに、人だけドンドン増えていきます。

下流側の明暗に入りますが、下流側の明暗の攻め方なんて知らんです…

上の方で出るはずもないので、いきなりシリテンバイブ投入。

橋下に投げ込み、流れに乗せながらゆっくり引いてくると、ショートバイトの様な違和感が数回。

明暗を抜けてしばらくした辺り、数投に1回似たような小さいバイトが出ます。

ワームに変えて通しますが、全く反応無し。

もう一度シリテンに戻して引いてくる。

明暗を超え、ルアーがUターンするところで ヴァイ! 

おう、予想外にアッサリのヒット。

IMG_20151015_213254_convert_20151015221158.jpg

多摩川で連続ホゲ回避という、貴重なロクイチ。

尾びれが怪我かなんかで、ちょこっと短くなっちゃってますね…

この後は2,3度ショートバイトな様な気がしないでもない程度の反応が有っただけ。

入りたかった上流側は人が減るどころか、むしろ倍増してる…

1本で満足してしまった事も有り、1時間半程度で終了。

多摩川でホゲないのは有りがたい限りなんですが、もうちょっとサイズが欲しいなぁ。

ナイトの苦手意識が解消されつつある今日この頃でした。




釣果
・シーバス×1



250本まであと31本
(except沖堤× 38/50)




にほんブログ村

ヒットの擬音、デイはバチコン、ナイトはヴァイ!でいきたいと思います。
どうでも良いですね、はい。 

浮島  そういう日


10月14日

大潮      満潮05:49





ども、SERNです。

一年に2,3回有る、何をやっても上手くいかない日、今日はそんな日でした…

この浮島、自分の中ではふれーゆ裏とよく似たイメージ。

良さそうなストラクチャーは有りますが、イマイチ魚が着かないので、ひたすら回遊待ちの場所。

あんまり良い印象も無かったんですが、このブログの読者さんから最近はかなり安定して釣れてるとの情報を頂きました、ありがとうございます。

そんなわけで早朝、5時頃に到着。

ちょうど日の出頃、ベイトも見えて非常に良い雰囲気。

が、突然の腹痛…

このベストタイム、1分たりともムダにしたくは無いので、耐えつつキャスト開始。

むーりぃー、2投でギブアップしてトイレに駆け込みます…

結局、ベストタイムを20分もムダにしてしまってから開始。

IPをフルキャスト、久しぶりの鉄板での釣り。

久しぶりに鉄板をフルキャストしましたが、良く飛ぶなぁ。

キャストしててちょっと楽しい。

まぁ、IPだと底を擦ってしまうので、リアルスティール18にチェンジ。

今年の夏はほとんど味わえなかった、グルグルドカン☆

DSC_1698_convert_20151014191504.jpg

気持ち良いバイトで出てくれたロクマルちょい。

この後、ショートバイトが1回、ブレードにチェンジしてバイトが2回有りますが、どれもフッキングせず。

ワームに変更しますが、やはり着いてないのか反応は無し。

少し移動して公園側へ。

テトラを打ちたかったんですが、すでに入口横、最奥共に餌釣りの方々。

ちょこっとだけ別の場所を打ちますが、反応は無し。

特に粘る理由も無いので、ここで終了。

自転車置き場に戻りますが、自転車のカギが無い…?

あれ、抜いた覚えは無いぞ…?

ちょ、ウソでしょ、目を離した10分くらいの間にカギ盗まれた。

最悪だ…

仕方無いので、一度バスで帰宅してから、もう一度スペアキー持って来るしかない。

imagesCACXHUN0.jpg

サイフ忘れた。

え?徒歩で帰宅?バカ言うなって。

プライヤーと鉄板ルアーでカギを破壊に掛かりますが、あえなく失敗…

え…?マジで…?徒歩でカエルノ…?

2時間半後、よーやく自宅に到着。

前日の鶴見川から一睡もしていない体には、冗談抜きに堪えた。

カギだけ盗まれたって事は、十中八九いたずらなんですが、ここって小中学生とかが通るような場所じゃ無いんですよ…

割といい歳したオッサン(オバサン?)が人の自転車のカギを隠して喜んでるって考えると、もうね…

怒るとかじゃなくて、いったいどうしたらそんな歳の取り方をしてしまうのか聞いてみたい。

一度帰宅後、スペアキーを持って車で再度浮島へ。

が、下手にカギを壊そうとしたせいで、開かない…

車に突っ込もうとしますが、入らない…

しょうがないので、後日に取りに来る羽目に…

帰り道では眠気ピークの中、渋滞。

危うく追突事故を起こしそうになりつつも、どうにか無事に帰宅。

最悪の1日だった…




釣果
・シーバス×1




250本まであと32本
(except沖堤× 37/50)




にほんブログ村

まぁ、久しぶりの鉄板の釣りはちょっと面白かったです。

鶴見川 No.2


10月13日

大潮      満潮17:10





ども、最近自分の過去ログを見直したんですが、初期は色々と酷いですね…

新堤のルアーチヌはレアなんじゃ?とか興奮してたり、やたらリアクション画像使いたがったり。

一人称も俺なのか自分なのかハッキリしてないですし。

あれですね、ブログ初心者っぷりが可愛いですね。

つまりはSERN=可愛いですね、わかります。

自分で言ってて訳が分かりません、SERNです。

今回書くことが少ないので、まだ前置き続きます。

あとですね、一番気になるのが、ちょいちょい友人って単語が出てくるんですよね。

お前、友達いねぇじゃん。

その友人って書いてたやつにラインブロックされたじゃん。(実話)



閑話休題


そんなわけで、今日は1年ぶりの鶴見川。

自分の中では多摩川に次いで釣れる気のしないポイント。

いや、勿論釣る人は釣ってるって分かってるんですが、ホントに釣れる気がしない。

目を付けていた下流域の橋周りへ。

夕日が完全に沈み、闇が支配を始める時間帯からスタート。

なんで微妙に中二表現なのかはわからない。

橋に出来る薄っすらとした明暗を打って行く。

ミノーから流し込みますが、流れが速過ぎてやり辛い。

シンペン、バイブと教科書通りのローテをしていきますが、反応は皆無、知ってた。

明暗は無視して、手前にある(と思う)ブレイクをランガンしつつ打って行く。

2,3度ショートバイトも、どれもヒットには至らず。

橋の下で数回とは言え、ボイルが出ていたので、再び上記のローテ。

まぁ、しかし全くダメ。

上手い人ならこれを掛けられるんだろうなぁ、と思いつつ再びブレイク狙いへ。

やっとこさ、そして待ちに待ったヒット。

IMG_20151013_222337_convert_20151013234614.jpg

痩せていますが、嬉しいロクマル。

これ以降は何もなく終了。

イマイチっちゃあイマイチですが、苦手な鶴見川で1本出せたのは嬉しい。

そろそろナイトと河川の苦手意識も払拭したい頃ですね、はい。




釣果
・シーバス×1



250本まであと33本
(except沖堤× 36/50)




にほんブログ村

今年中にもう一本くらいはランカー出せるのでしょうか…

京浜運河  メジニング

10月10日

中潮     満潮15:49    干潮21:55






ども、SERNです。

今週は車が故障中につき、新堤はお預け。

というワケで、前回の京浜運河のポイントへ。

ちなみに数日前にも来ましたが、打つ手も無くホゲたのでカット。

不安要素も大きいですが、19時頃に到着。

シリテンで一通り打って行きますが、全く何もなし。

更にはシリテンもロスト。

あ、いきなり心が折れそうだゾ。

ワームに変えて探って行くと、鬱陶しい程のチェイス&ショートバイト。

しかし、どう足掻いても乗らない…

ルアーが水面を割った直後に水面を割って飛びついてきますが、これも空振り。

もう一度同じ場所を通すと、やっとこさのヒット。

しかし、思いの外良い突っ込みで見事に根に入られる。

張らず緩めずで待っていると、やっとこさ出て来てくれる。

どうにかキャッチ。

DSC_1695_convert_20151011002359.jpg

ん!?

サンゴーくらいのメジナ…

あれですね、今日は水面下で密かにブームなメジニングをやりに来てたんですね。

シーバスを避けて、メジナのみを掛けるメジニンガーの鏡ですね、わかります。

そんな訳あるか。

そう言うミラクルは要らないから、その普通にシーバスをね。

んで、結局その後もショートバイトを掛けられず。

潮が引くと、ショートバイトすらも遠退いてしまう。

そろそろ終わろうと、ラスト一投。

我ながらストラクチャー横に上手いキャストが決まる。

もう完璧なまでに狙い通りのバチコン

IMG_20151010_221403_convert_20151011002311.jpg

いーあい、エイ。

狙い通りとはなんだったのか。

季節は秋なのに、釣果は下降線です…



250本まであと34本
(except沖堤× 35/50)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

今日はメジニングだもん。

福浦  強風はムリ


10月6日

小潮    干潮18:20    満潮22:56





ども、SERNです。

今回は1年ぶりにエギング。

去年は一杯も上げれてないので、今年はもうちっと頑張りたいところ。

北風の強風とのことですが、福浦なら風裏になるので影響は少ないハズ。

17時前に福浦岸壁到着。

思いっきり横風、ザッツ横風。

波も結構高い。

これはダメかなと感じつつ開始しますが、案の定やり難い。

波と風にラインを取られ、ボトムを取る事すらままならない。

日も傾き始めた頃。

DSC_1693_convert_20151006231856.jpg

はい、ちゃんとエギングやります…

とは言え、フォールのアタリなど取れやしない横風。

暗くなるとより一層釣りにくい。

八景島シーパラへと繋がる、全国へし折りたい橋No.5(SERN調べ)の辺りへと移動。

が、こっちは完璧に横風で釣りにならず…



もうむーりぃー。





にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

今年シーバス以外全く釣れてねぇな…

海老取川  定員超え

10月5日

小潮      満潮21:02





ども、SERNです。

今回は地味に久しぶり、海老取川へ。

まずはいつものテトラポイントに向かいますが、先客有り。

ちょうど帰るとこの様だったので、声かけて入れてもらう。

それとは別に、前回ロクニ―を上げたポイントにもお二人、少し離れたとこにもう一人。

今まで全く人を見なかったポイントなんですが、なぜこんなに急に増えたの…?

かなりの小場所なので、先に打たれてると厳しいんですが、一応通してみる。

やはり反応は無く、テトラに引っ掛けスーサンを一つロスト。

リーダーを結び直していると、反対側のお二人が帰宅。

そこに入って通しますが、やっぱりダメ。

さらにもう一つルアーロスト。

こんだけルアー通された後じゃ期待も出来ないので、移動。

続いては橋脚ポイントへ。

流れもあって良さそうな雰囲気。

橋脚の際を打ちますが、どうにもノーバイト。

試しに手前の明暗をシリテン53で通してみるとショートバイトが一発。

そこからはショートバイトラッシュ。

手前まで追って来たのも見えましたが、これ相当ちっちゃいなぁ…

どうにか1本掛けてキャッチ。

DSC_1690_convert_20151006043553.jpg

サンマルくらいのちょっと可愛すぎるサイズ…

ショートバイトは1投1回出ますが、サイズは全部これなのか乗らない。

で、もう1本ヒット。

DSC_1692_convert_20151006043608.jpg

ヨンゴー、まぁ まともっちゃまともなサイズだが…

せめてあと+10センチとキャストを続けますが、相変わらずのショートバイト。

次第にショートバイトも出なくなり、流れも終息。

狙いを橋脚に戻しますが、相変わらずバイトは出ず。

最後にトラビスをロストしたところで終了。

ん~、イマイチ。




釣果
・シーバス×2




250本まであと34本
(except沖堤× 35/50)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

シリテン53、釣れるんですがちょっと脆すぎ…

川崎新堤  高所恐怖症


10月3日

中潮      満潮08:08





ども、SERNです。

待望していた南風の爆風も吹き、期待十分の新堤へ。

1番に上陸し、まずはこの時期の定番のテクトロから。

開始早々ヒットからのバラシ…

少し歩いての回収時、トゥイッチを入れた瞬間にヒット。

ランディング時、フックにタモを引っ掛けてバラシ…

外側のランディング下手過ぎィ。

この後はチェイスがポツポツと有るものの、中々ヒットには至らず。

3本目のヒット、掛かって来た中の最小はなぜか無事キャッチ。

DSC_1686_convert_20151004155721.jpg

ヨンゴーくらい。

ん~、テクトロで期待してるのはこのサイズじゃ無いんだけどなぁ…

その後は反応も無く3番辺りまで進む。

テクトロではもう期待出来無さそうなので、いつも通りワームにチェンジ。

時折ある乗らないバイト、そして鬱陶しい程のチェイス。

チェイスラッシュが秋を思わせますが、ホントにヒットしねぇ。

掛けたと思ったら、呆気なくバラシというのを二つ程。

そんな中、どうにか2本目。

DSC_1687_convert_20151004155736.jpg

ロクマル弱のまずまずサイズ。

その後もポツポツとヒットが有りますが、バラシバラシ&バラシ

最初の突っ込みでバラシや、ヒット直後の急速浮上エラ洗いでバラシなどどうしようも無いやつも有りますが…

それを抜きにしても、外側のランディング下手すぎんよ…

反応の出ている外を捨て、内側に移る。

しかし、内側は反応すらありゃしない。

いつもの確信ポイントもカスリもしない状態。

マズいなぁ…、思いの外厳しい状況。

再度外側に移り、バラシを二つ追加。

その後は反応すらも無くなる…

今日の内側はホントにカスリもせず、反応が出るのは外側ばかり。

外側のブレイクを打ちながら移動していくと、久しぶりのヒット。

しかし、タモが不具合で使用不可能。

ヘルプを頼もうにも、左右とは距離が離れすぎてる。

諦めて抜き上げると、なぜかキャッチに成功…

DSC_1688_convert_20151004155753.jpg

ヨンマルくらい。

さっきまで必死こいてランディングに行ってバラシまくってたんですけどねぇ…

これを最後にホントに反応皆無に。

確信ポイントを徹底的に打って行きますが、ショートバイト2回と致命的な状況。

時刻も気づけば10時過ぎ。

引き返しながら外側をPB20で打って行くと、一発ヒット。

まぁ言うまでもなくバラシ。  二桁バラシやったね☆

終了間際にもヒット。

ビックバッカーのタダ巻きくらいの重さで上がって来たのは…

DSC_1689_convert_20151004155808.jpg

はいさい、止め止め。






釣果
・シーバス×3





250本まであと36本
(except沖堤× 33/50)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

シブい状況でしたが、今日は(自分が)酷過ぎです。

京浜運河  近接戦闘


10月2日

中潮      満潮19:02





ども、秋の夜長が似合うSERNです、異論は認めません。

今回は新堤で教えて貰った、京浜運河のとあるポイント。

20時前頃に到着し、早速開始。

まずは足元や少し沖のストラクチャーをX80、スーサンで打ちますが反応は無し。

思ったよりも水深が有りそうなので、シリテン53にチェンジ。

その一投目にバチコン

IMG_20151002_231114_convert_20151003133351.jpg

幸先良いキャッチはロクマル。

湾奥の魚にしては綺麗な銀色。

先日の爆弾低気圧で入って来たのかな?

続いては足元にルアーを通してみると、ピックアップ後の回収直前にバチコン

バースやストラクチャーにラインを擦られつつも、どうにかヒヤヒヤのランディング。

IMG_20151002_231134_convert_20151003133333.jpg

サイズもまずまず良い感じで(新堤比)、ロクサン。

正味30分程で2キャッチ、これは期待出来そう。

と、思ったんですが、ここで沈黙モード。

キャストに1バイト有った以外はサッパリな展開。

終了を意識し出したタイミング、再び際狙いでシリテンを沈める。

ルアーが着水から1,2秒でラインが不自然にフケる。

合わせる間も無く、足元で盛大なエラ洗い。

外れたかと思いましたが、奇跡的にまだバレていない。

レバーで距離を取ってからファイト開始。

久しぶりの良いサイズなので、大事に大事に。

途中、ストラクチャーにゴリゴリと擦られてしまうも、これまた幸運に切られず躱せた。

色々と幸運が重なり、どうにかランディング。

IMG_20151002_231201_convert_20151003133254.jpg

ホントに久しぶりの70upな、ナナロク。

懐かしいな、うん。

今年の最後に釣った70upが3月なんで、半年ぶり以上。

今年は型が出なさ過ぎです…

このファイトでシリテンが壊されたので、トラビスにチェンジ。

ショートバイトやチェイスは有るものの掛けれない。

時刻も22時を回り、これ以上翌日の新堤に響きそうなので終了。

2時間ちょっとでしたが、満足な釣りが出来ました。





釣果
・シーバス×3




250本まであと39本
(except沖堤× 33/50)



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

同じく半年釣ってないランカーもそろそろ欲しい所です。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)